養子縁組のためには以下の要件が必要となります。 1.養親が成年に達していること ※婚姻している方は20歳未満でも成年とみなされます。 2.養子となる方が、養親となる方の嫡出子、養子ではないこと. 養子縁組届出の手続き、届書の書き方(記載例)をご紹介します。また養子が未成年者である場合の家庭裁判所への養子縁組許可申立ての手続き、必要書類、申立書の記載例をご紹介します。 養子縁組届の出し方を教えてください。 養子縁組届の出し方を教えてください。 養子縁組の届出は、養親もしくは養子の本籍地または届出人の所在地の区市役所・町村役場です。 届出の際は、届け出人の印鑑をお持ちください。 養子、養親に配偶者がいる場合は、配偶者の同意が必要。 養子となる者が15歳未満であるときは、法定代理人が縁組の承諾をすること。 当事者間に縁組の意思の合致があること。 養子となる者が、養親の嫡出子、養子ではないこと。 養子になる人が未成年のときは、あらかじめ家庭裁判所の許可の審判を受けてください。 養子になる人が十五歳未満のときは、その法定代理人が署名押印してください。また、その法定代理人以外に監護 をすべき者として父又は母(養父母を含む。 名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 所在地、地図 文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてくだ … 養子と一口言っても、2種類あります。相続といえば、複雑な手続きが必要なことが多いのですが、その中でも養子縁組については特に、シンプルな手続きと即効性が期待されます。 名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 所在地、地図 文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてくだ …