9月1日からヘッドライトの明るさの測定がハイビームからロービームに変わったことで、「ヘッドライトの車検」について関心を持つ人が増えている。「ヘッドライトが車検に通るための条件」をあらためて整理した。 というように4 車検に通るヘッドライトの条件╱ケルビン数の目安.

高級車; ロービーム用の2灯とハイビーム用の2灯 . ヘッドライトについては淡くても黄色もダメとされていて、車検時には交換するといった対応が必要となってきます。 参照 「車検でのフォグランプの保安基準と通らない車まとめ」 4灯ヘッドライトでの車検の通し方 .

2015年(平成27年)9月1日からヘッドライトの検査基準が変わり、車検に通らない車が続出しています。自らヘッドライトのバルブを交換して、ユーザー車検を受ける車に多いようです。どのように対策すればいいのでしょうか。 たとえば . ヘッドライト&フォグランプの車検対応ケルビン数 検査員の判断や地域性によって車検基準は異なるというのが実情ですが、ライトをカスタムする際はヘッドライトは4000〜6000K、フォグランプは3000〜6000Kが車検に通るボーダーラインということを覚えておきましょう。