トヨタ ハイエースバンのフォグランプが消灯していた原因を突き止めました♪に関するボン太郎の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! 純正のヒューズ交換なら、純正ヒューズと同じアンペア数を選べばいいが、電装品を後付けした時のヒューズは、何アンペアを入れたらいいのか。地味ながら大切な話なので、ここでしっかり覚えておこう。 車のヒューズボックスは、比較的アクセスしやすい所にあり、電源の取り出し先として超定番。ここでの必要アイテムはヒューズ電源だ。まずはヒューズ電源の取り出し容量について解説。そこがわかると「限界アンペア数」が、理論的にわかる。

走行中にもしヒューズが切れたら??ということを仮定すると、このboxからでは、いくらアンペアがあっていても、この箇所からは取らないほうがいいというところはありますか?ほとんど電気に関して音痴なのでおしえてください。 ヒューズのアンペア数(容量)の選び方. 新しいヒューズは、 抜いた純性のヒューズを確認して 同じ容量(アンペア)、同じ形状、 同じ大きさのものを 使用するようにしましょう。 もし、形状や容量、大きさが 異なるヒューズを取り付けると 電装品が正常に 機能しなくなる場合がありますので 注意が必要です。 これまで問題なくフォグを使っていましたが2日前くらいにフォグランプを点けようとしたら点灯せずヒューズが飛んでいました。15aヒューズなのですがその時は無かったので買いに行くまではとりあえず20aを付けておきました。変えたその日

ヒューズからの電源取り出しで、ふと疑問に思う点。ヒューズボックスには、ヒューズが付いていない空きスロット(穴)が存在する。試みに検電テスターで調べると、電気は来ている。ここから電源を取り出してもいいものか。電装のプロに聞いた。