これが長編デビューとなるベルギーの新鋭ルーカス・ドン監督が、バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女を主人公に、その戸惑いや葛藤、シングルファーザーの父との絆を丁寧な筆致で描き、カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)をはじめ数々の映画賞に輝いた感動ドラマ。
映画『ゴーン・ガール』オフィシャルサイト。2015年3月6日(金)レンタル配信。4月3日(金)ブルーレイ&dvdリリース。予測不可能なラスト! 鬼才デイビッド・フィンチャーが描くサイコロジカル・ … 「Girl/ガール」は、2009年にベルギーの新聞に掲載されたバレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされたルーカス・ドン(当時18歳)が、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いからアプローチを重ね、約9年の歳月を経て誕生した。 90点 映画を観る時はなるべくなるべくなるべく割引を駆使する僕ですけれども! ちくしょう、どうしても時間が作れなかったので、木曜日の夜、仕事の忘年会を中座しまして (ノ∀`) テヘ 「深夜も稼働のバルトなんかどう?」ってな調子で新宿バルト9に足を運び、1800円を払って観てきました。 ゴーン・ガールのあらすじをネタバレで紹介!意外なストーリーと結末で話題になった映画「ゴーン・ガール」のあらすじをネタバレで解説します。またゴーン・ガールが実話と言われている噂の検証や実際に視聴した方の感想も載せていきますので是非ご覧下さい。