タイヤ重量については目安となります。予めご了承ください。 溝深さは設計寸法から算出した値となり、実測値とは異なります。また、スリップサインがある主溝の新品時の深さとなります。 1番人気のミックスタイヤm800で51.858㎏ 冬には必需品スタッドレスタイヤw910で56.767㎏ 写真はサイズが違いますが左からr173、m800、m800、w910です。 よく「どこのメーカーのタイヤが良いの?」とか「ブリヂストンは良いタイヤだ」 と言われますが、 タイヤの交換時期と、判断材料。よく「スリップサインが出たら」というが、この認識だけでは不十分。では、現実的にはどこで判断するのか。タイヤ交換時期は、車に乗るすべての人が知っておくべきことなので、タイヤのプロに取材した。

現在、ロードバイクのタイヤは25Cサイズのタイヤが主流となっています。そこでおすすめクリンチャータイヤの重量、価格などの性能を比較してまとめます。紹介するタイヤメーカーはコンチネンタル/ハッチソン/IRC/ミシュラン/パナレーサーシュワルベです。 自動車の専門誌やクルマ好きがバネ下重量という言葉を使うことがある。とくにバネ下重量は軽いほうがいい、という論調で語られるが、そもそもバネ下重量とは何だろうか? そしてそれが軽いとどんなメリットがあるのだろうか? バネ下重量について解説したい。 タイヤの交換時期の目安(3~4年目と6~7年目) [年間走行距離が6,000~7,000km] ・年間走行距離が6,000~7,000km以内の場合、新車購入から4年目あたりがタイヤ交換の目安になるでしょう。そして、8年目あたりで2回目のタイヤ交換を検討する時期かもしれません。