パイオニアは、5月13日にディスプレイオーディオ2機種を発表した。価格は、モニターが9V型の「DDMH-SF700」が9万円前後(税別)、6.8V型ワイドVGAの「DMH-SZ700」が5万2000 - Yahoo!ニュース(ITmedia Mobile) Apple CarPlay、Android Autoに対応した2Dオーディオのフラッグシップ。カロッツェリアのAVメインユニット「FH-9400DVS」の特長紹介ページです。 パナソニックは 3 月 29 日、Android Auto に対応した車載ディスプレイ端末「ストラーダ CN-F1D」を発表しました。 国内で Android Auto に対応した製品が発表されるのは今回が初めてなのですが、パナソニックはリリース文の中で、「3 月 29 日現在、日本では Android Auto はサポートされていません」 … Android Autoってなに? Android AutoはGoogleが作る未来型のカーナビアプリです。 どの車でも使えるGoogleのカーナビアプリ. 【パイオニア公式】2018年4月18日 パイオニア株式会社 「Apple CarPlay」「Android Auto」対応モデルなど、ディスプレイオーディオ2機種を新発売 ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。 Yahoo!カーナビがApple CarPlayに対応したとなれば気になるのはもうひとつのAndroid Autoへの対応について。これについては、「サードパーティには地図情報が公開されていないため、現状では対応できない」と回答。 Android AutoはAndroid Auto対応の車でのみ利用可能でしたが、 今ではスマホだけで利用できるようになりました。 カーナビの進化系としていま注目されているインフォテイメントシステム。筆頭はAppleの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」ですが、日本では思ったほど普及していないように見えます。その理由は、日本特有の規格や独自に進化したカーナビ事情にありました。