問題数:20問 時 間:40分. ア 実地試験を受ける際に航空局に提出する申請用紙一式の購入 イ 実地試験受験手数料(収入印紙の購入) ウ 本邦外において行う検査等に係る手数料(収入印紙の購入) エ 試験官の航空チケットの購入 7 … 航空工学. 申請書(19号の2様式) 2. 航空従事者技能証明等の学科試験(法規)に合格したら、次は地方航空局へ「免許切替手続申請」を行います。 手続に必要な書類を以下に記しますので、参考にして下さい。 【切替申請に必要な書類】 1. 航空従事者の技能証明試験は、操縦士、整備士、航空通信士等の業務を行おうとする者に、必要な知識及び技量を有するかどうかを判定することを目的としており、一定以上の知識と技量を持った者に技能証明を交付することで安全・安心の確保に寄与するものである。 この科目は専門的に勉強しなければ知り得ない内容なので、参考書などを用いて勉強しておきましょう。科目名は航空工学であるものの「航空力学でこういう特性があるから、こういう機体構造になっている。 航空整備士の国家資格取得を目指す方に向けて、主に資格試験の難易度を中心に、試験の概要から日程、受験対策、資格の将来性などを解説しています。資格の種類の選択や受験学習の参考にしていただけたらと思います。 指定航空従事者養成施設で学ぶと、学業が「整備経歴」としてカウントされます。 これにより、航空整備士試験の受験資格として必要となる整備経歴を満たすことができ、在学中に「二等航空整備士」などの資格試験を受験することが可能となります。 事業用操縦士(滑空機/飛行船)は、農業での農薬散布など事業を目的として滑空機(グライダー)や飛行船の操縦をするために必要な国家資格です。 事業用操縦士になるための学科試験・実地試験の内容や試験日と受験資格をお伝えします。