「面会交流はほんとうに子どものためになるの?」。そんな疑問を持ったことはありませんか。今回は、アメリカのいくつかの研究を通して、このテーマに取り組みます。 面会交流の基礎知識|義務なの?何歳まで?子供が嫌がったら? 離婚をすると夫婦のいずれかが親権者となりますが、親権者でない方の親は、原則として子どもとの面会交流を定期的にすることができます。 離婚調停を7回、間に調査官の監護状況の調査も入り、期間にして約10ヶ月。 調停では折り合いがつかず審判へ以降。 ちなみに折り合いがつかなかったのは面会交流の日数と時間、そして場所に関してまでです。 そして審判に移行したのは その私が申立てを 離婚の原因 2020.05.07 minna. 面会交流に強い愛知県名古屋市,岡崎市の弁護士が全力でサポートします。早期解決に向けて全力でサポートします。夜間・土曜相談実施。初回相談無料・安心明瞭な費用。年間550件の離婚・男女問題相談実績。名古屋本部は丸の内駅徒歩2分、岡崎事務所は岡崎市シビックセンター南。 面会交流を行うことを定めた審判書があるものの、親権者が面会交流を拒否した事案で、審判書による間接強制を認めた決定(最高裁第一小法廷h25.3.28決定(h24(許)48号))について、紹介します。 面会交流の法的な根拠とは・・・? 民法766条1項(平成23年改正) 父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。 面会交流という制度の意味については、「親権のない親が子どもに会う権利はある? ~面会交流とは~」でも解説しましたが、養育していない親と子どもとの面会交流というのは必ず認められるわけでは … 面会交流審判ってどんな内容なの? 1 面会交流とは、父または母が子と面接やそれ以外の方法で、交流をすることをいいます。 面会交流については,まずは、両親の話し合いで決めることになりますが,話し合いがまとまらなかった場合は、家庭裁判所に調停・審判を申し立てることになります。