グローバルサインのクイック認証sslでは、認証局が定める認証用メールアドレスを用いて実在確認が行われます。 認証用メールアドレス . グローバルサインのsslサーバー証明書についてご案内します。書類審査が不要な「クイック認証ssl」、書類審査による高い信頼性のある「企業認証ssl」の2つのプランから証明書を選択可能です。 グローバルサインのsslサーバ証明書は7日間完全返金保証付。 証明書が発行された日を含む7日以内にキャンセルのお手続きをいただければ、どのような場合にも全額を返金します。そのためいつでも安心してお申し込みいただけます。 無償再発行 企業や法人向けのssl証明書は「アルファssl」や「グローバルサイン 企業認証ssl」をおすすめしております。 特に企業認証SSLは電話での確認などを通して、厳格な審査を行い企業の実在性を確認するため、「信頼度の高い企業向けの証明書」といえます。 SSLをwww有り、無しの両方で使いたい SSLをwww有り無し両方で使いたい場合、2WAY対応のSSL証明書を選択する必要がある。 対応SSLブランド グローバルサイン、シマンテック、ジオトラストなど主要なブランド […] グローバルサイン、ジオトラスト、デジサート、サイバートラストなど各種sslサーバ証明書を取り扱っております。 SSLサーバ証明書のドメインキーパー グローバルサインのサービス概要のページです。すべてがインターネットにつながる世界で、確かな身元識別を実現するさまざまな電子証明書・電子認証サービスを提供しております。 グローバルサインのsslサーバ証明書は最大5年までご契約いただけます。更新の手間を省くことができるだけでなく、複数年割引を適用させていただきます。是非とも複数年契約もご検討ください。
独自ssl(専用ssl)にはシマンテック、グローバルサインなど幾つかの認証局ブランドがあります。さらにそれぞれの認証局が、価格の違う複数の種類のsslサーバ証明書を発行して … グローバルサインの管理画面から、ssl証明書を更新する手順をまとめました。 あらかじめ、レンタルサーバー側のコントロールパネルなどから、CSR(署名リクエスト)発行の手続きを済ませ、CSR(署名リクエスト)をご用意のうえ、下記手順を行ってください。 sslサーバ証明書の選び方.

さくらのレンタルサーバ・さくらのマネージドサーバで独自sslの機能を利用中で、 sslサーバ証明書を更新したい場合の手順を記載しています。 前提条件・設定例 事前準備 設定・お申し込み手順 step1 …
sslサーバ証明書の申請者が証明書に記載するドメイン(コモンネーム)の使用権を所有していることを確認します。 お申し込み完了後、グローバルサインより申請毎に個別のmetaタグを … ドメイン認証とは. ssl証明書クーポンとは、ssl証明書の申請サイトで、決済が行える金券のようなものです。ssl証明書クーポンの仕組みや認証局への申請方法、認証局から直接購入する場合の違いについて説明しています。 グローバルサインでは全ての証明書でSGC(Server Gated Cryptography)対応。 40bit、56bitの強度のブラウザ利用時にも強制的に256bitまで暗号化強度を引き上げる事で一定水準以上の暗号強度を保つ事ができ …