for 文を用いた繰り返しの中で break 文を使用すると、繰り返しをその時点で終了させることができる。 C言語ではswitch文という分岐方法もあります。if文とは少し異なる特性をもった分岐です。if文との使い分けの考え方や3項演算子の使い方も併せて覚えておきましょう。 注意としては、switchステートメントのcaseの定数で同じ値は使えないということです また、caseが持つ定数は文字でもかまいません C言語では、1つの文字を表現するのにはシングルクォーテーションを使うんでしたね もちろんswitchで使うときも同様です

switchのブロックやループから脱出します。 (使用方法) switch文で、case句の処理を打ち切りブロックを脱出するときに用いる。 ⇒ 説明済み; for文、while文などのループから脱出するときに、if文と併用して用いる。

1 switch文の書式; 2 switch文の基本的な使い方. switch文で使用したbreakは、switch文以外でもいくつかの場面で使用できる。 for 文での break. C言語以外でもこの考え方は活かせそうですね。 追記. C言語/C++言語のプログラムは、exit関数を使用することで、終了できます。コードを読むと、exit(0)とかexit(1)など、よく見かけると思います。一体、どういった違いがあるのでしょうか?

switch 以外での break. 目次.
前述した通り「switch」文は指定した開始位置から一番下まで実行されるわけですが、実際にはそうなりません。それは「break」文によってブロックの外へ抜けているためです。

2.1 switch文の「式」と「定数式」は整数型のみ有効; 2.2 caseは処理の実行範囲を定めるものではない; 2.3 switch文の代わりにif文を使うことも可能; 3 C言語超入門の第25回まとめ

6-6.break文 (1)break文. C言語 入門 › 条件 ... break文. caseの中でbreakを実行しなければ、後ろのcase文も実行されるという性質も使うと、次のように書くこともできます:

*C言語で 無限ループ+switch を脱出する方法* フラグ; goto文; 関数化してreturn; 処理テーブル方式; 連続でif else; と教えて頂きました。 (僕の知識が足りない部分は不適切になると思い書きませんでした)