[mixi]Carry-me (キャリーミー) Carry-meの改良希望点 皆さんご存知の通りCarry-meは大変素晴らしい折り畳み自転車ですが、それでもいくつか不満に思うことがあると思います。それらについて、語ってみませう。 また、場合によっては「こうするとその問題は回避出来ます Balloon Flower ( Fantasy Flower ) やカラーワイヤクラフトや羊毛スイーツのコトや日々の出来ごとなどをたま~につづっています。 キャリーミーでびわいちします。来月、キャリーミー2台で琵琶湖一周したいのですが、日帰りでできるでしょうか?どこからスタートしたらいいですか?他に注意点なんか教えてください。 >来月、キャリーミー… 記事中に登場した折り畳み自転車は「ブロンプトン」と「キャリーミー」。 数ある折り畳み自転車のなかでも特に簡単に&コンパクトに折り畳めるのでオススメですよ。 brompton|ブロンプトン. [mixi]Brompton(ブロンプトン) 【質問】サドルの交換方法について 毎度お世話になっております、「きぃ」と申します。 今回はタイトルにもありますように、ブロのサドル交換についての詳細を教えていただこうと重い、トピを立てさせてもらいました。 ブロンプトンは世界一有名な折り畳み自転車。 サドル サドルが硬い・・・ちょっと乗るだけですぐにおしりが痛くなる。こりゃサドルカバーを買わないといけないかなーと思ったら、サドルの形が折りたたむように特殊でカバーを掛けてしまうと上手くたためない。ん~まぁいいか~とそのまま使ってたら、乗り方に慣れてきたのかそんな� 折りたたみ小径車[ブロンプトン、キャリーミー、ストライダ]と行くさんぽ・東京近辺や輪行でのポタリング・女子ひとり旅のブログ。たまに飛行機輪行や海外ひとり旅も。忘れた頃に更新します。 2017年3月27日. CarryMe(キャリーミー)純正ペダル. [mixi]自転車乗りっ。 足がしびれてきませんか? ロードレーサーを乗るようになって数年たちますが、いまだにお尻が痛いです。 痛いのはなんとか我慢できる程度なのですが、それを通り越すと足がしびれるようになります。 時々立ち漕ぎしてお尻を浮かせて、血の巡 取り外しは普通の15mmのスパナで問題ありません。 取り付けは付属の六角レンチのみで取り付けが出来てしないますので、外すときに必要な15mmのスパナだけあれば交換出来ます。 MKS FD-7 キャリーミーの用事で来たはずなのに、スイーツ巡りになってしまいました+゚。*(*´∀`*)*。゚+お腹いっぱいです♪ コメント数: 0 コメント 記事中に登場した折り畳み自転車は「ブロンプトン」と「キャリーミー ... ロードバイク・ミニベロでお尻や股間が痛い時、サドル交換の前にまず試してみてほしいこと ; 自転車のタイヤの空気圧について「おさらい」してみるよ【初心者向け】 自転車のチェーンオイルの正しい使い方・注油方 折りたたみ小径車[ブロンプトン、キャリーミー、ストライダ]と行くさんぽ・東京近辺や輪行でのポタリング・女子ひとり旅のブログ。たまに飛行機輪行や海外ひとり旅も。忘れた頃に更新します。 2016年8月22日.

愛用のキャリーミーは、ロードバイクと同じサイズのドロップハンドルにしている。このドロップハンドルはジャイアントmr-4のもので、左右に分割して取り外れるようになっていて、キャリーミーの折り畳みハンドルバーのクランプにそのまま差し込み固定されている。 キャリーミーは試乗車をご用意しております。 是非走行感、折りたたみ方法、重量等、実際にご覧ください! 折りたたむと縦91cm×幅25cm×奥行32cmと非常にコンパクトになります。重量は8.4kg. 先日購入 したストライダですが、サドルを交換してみました。Amazonでぽちり。 純正のレザーサドルです。 いろいろ見たのだけどこれにした理由は、スプリングがついている(気持ち程度かもだけど)、ベルト通しがついている(BROOKS用のサドルバッグがつく! キャリーミーもbrooksにすることまでは規定事項。 でも可愛い色のキャリーミーなので白いサドル が欲しい。 革だとメンテナンスもあるし、何より濡れることをやたら気にする必要ができてしまうので、 カンビウムのサドルにしました! ロードバイク・ミニベロでお尻や股間が痛い時、サドル交換の前にまず試してみてほしいこと; 自転車のタイヤの空気圧について「おさらい」してみるよ【初心者向け】 自転車のチェーンオイルの正しい使い方・注油方法を紹介します【初心者向け】

brooks b17スタンダードサドル、サドルオイル、ズボンクリップ グランコンペのサドルの乗り心地が良かったのでキャリーミーにもレザーサドルを付けたくなってしまいまして。エヘ! グランコンペと比べるとかなり固いです。カッチコチ。

既にキャリーミーに装着して使っていましたから、このサドルの座り心地が固いものだというのは知っていました。 しかしブロンプトンに装着してときの「ケツ痛え」感は半端ではありません。 なぜこんなにもケツが痛いのか? 「キャリーミー輪行バッグ」を推奨通りに「CarryMe(キャリーミー)」に固定すると走行中に何故か傾いてしまいます。 「三ヶ島 ペダル コンパクト イージー」の収納袋は、ちょうどペットボトルが納まるため都合が良いのですが、サドルにぶら下げて走るとぶらぶらと揺れて気になります。