インコと限らず鳥は空を飛翔するために独特の進化を遂げ、すべての器官が「飛ぶために」に作られていると言って過言ではありません。 そのためヒトのような哺乳類と異なる器官を持ち、独特の疾病が生 … インコの病気はパッと見では分かりにくいものが多く、治療できる病院も猫や犬に比べてはるかに少ないのが現状です。 その分、普段からの観察と病気の予防がより重要だと言えます。 本記事では、インコの病気と健康について、飼い主として知っておきたいことをまとめました。 こんにちはしろきな(@shirochan_kina)です。今回は、インコにお薬を飲ませる時のコツを書いておきます。秋にももが体調を崩した時に、2ヶ月間毎日朝夕2回お薬を飲ませていたので、コツを忘れないように備忘録として残しておこうと思います 4-2.

セキセイインコが病気にならないように気を付けてあげられるのは、飼い主さんだけです。小さな変化も、セキセイインコにとっては大きな異常の可能性もあります。日々の健康チェックを欠かさずに、病気のサインにすぐに気が付くことが大切

インコや文鳥の甲状腺腫の症状で代表的なものは、呼吸器症状と消化器症状です。 甲状腺腫で最も多くみられる症状として、 開口呼吸 と 呼吸音 があります。肥大した甲状腺によって、気管が圧迫されて開口呼吸が生じます。

セキセイインコの爪を切ったり薬を与える時には、暴れたり動いたりすることを防ぐために保定をしますよね。 セキセイインコの体は、柔らかくて飼い主さんもビクビクでやることが多いのではないでしょうか。 保定は、鳥がとても嫌がることです。 気管支炎用市販薬は授乳中でも使用できる? 多くの気管支炎用市販薬は授乳中でも問題なく服用できるとされていますが、一部のお薬にはジヒドロコデインリン酸塩などの授乳に適さない成分が配合されているものもあります。