段落の間隔は、行間とは別に段落の前後に設定される間隔のことで、段落前と段落後を個別に指定することができます。 標準では段落の前後の間隔は「0行」になっています。 (注1) 複数行にわたる段落の場合、段落内の行と行の間隔は行間の値になります。 行間隔は、行と行のベースライン間の距離で定義され、既定の行間隔は1行です。 Word 2010 では、[レイアウト]ダイアログボックスの[文字列の折り返し]タグで、文字列との間隔を設定できます。 first upload:2014-9-7 御連絡はメールでお願いします。 Wordの文字間隔の調整方法について紹介しています。文字間隔の調整をすると、限られたスペースでもより美しく読みやすいWord文書が作成できます。また、均等割り付けで文字間隔を整える方法についても詳しく説明しています。 行間隔を狭めるには、行間を「固定値」に設定し、間隔を指定します。 ↑図形内の文字をクリックし、カーソルを表示します ↑「ホーム」タブで「段落の設定」ボタンをクリックします ワード 2007 (Word 2007) やワード 2010 (Word 2010) で行間を広くしたり狭くしたりする方法を初心者向けに説明したマイクロソフトの情報です。(PC とーく) Wordの図形機能は や〇を組み合わせるものと思っている方が多いのではないでしょうか。 最近の図形描画は進化しており、絵心さえあれば普通に絵を描くこともできますよ。 Word(ワード)で描く図形、イラスト・写真といった画像を思い通りに操る、さまざまな操作を徹底図解!基本操作はもちろん、「え?こんなこともできるの?」という技も満載! Word 2010 では、[レイアウト]ダイアログボックスの[文字列の折り返し]タグで、文字列との間隔を設定できます。 first upload:2014-9-7 御連絡はメールでお願いします。 図形、テキスト ボックス、またはワードアートを含むグループを等間隔に配置するには、[描画ツール] の [書式] タブをクリックします。 [ 配置 ] で [ 配置 ] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。 正三角形や正方形(正四角形)、真円(正円)などの図形を挿入したい場合は、『Shift』キーを押しながらドラッグを行ってください。この操作により図形挿入時、正方形形状などのまま大きさだけが変わるような動きをするので、目的のサイズとなった状態でドロップ操作を行い、図形を挿入します。 行間隔や段落間隔を少し変えるだけで、文書の読みやすさは大きく変わります。ここでは、行間隔と段落間隔の変更のしかたを紹介します。 行間隔を変更するには. その他MS Office製品 - ワード2007 図形(たとえば四角形を7個)を任意の場所で上下に、等間隔で並べたいのですが配置の上下をおすと、用紙の上から下までで等間隔になってしまいます。任意の範囲 1行分、2行分といった行数文の設定の他に、 [最小値]や[固定値]を選択した場合には、隣の[間隔]欄にpt単位で行間の数値を設定できます。 ただ、この場合、Wordでは 行間はどこのことを指しているのか を知っておかないと、なかなかうまく設定できません。 WordやExcelで複数の図形を挿入したときに、その整列の仕方には2種類あります。 1本の基準線に沿って並べる整列 間隔を均等にする整列 このうち、1本の基準線に沿って並べる整列については、すでに別の記事で解説しています(参考:図形の上下左右の線または中心線で揃える練習問題)。 多くの図形が重なっている場合は便利ですよ。 図形の変更と編集. Word 2016で[表ツール]の[レイアウト]タブを開いて[表のプロパティ]ダイアログボックスを表示し、[表]タブの[オプション]ボタンをクリックして、[表のオプション]ダイアログボックスで[セルの間隔を指定する]にチェックを付けて、間隔を数値で指定します。 固定値: [間隔] で指定した値に行間を固定されます。文字サイズによる自動調整が行われません。 倍数:[間隔]で指定した値の割合の行間になります。1.2とすると、1.2倍の行間になります。 行間隔が1では詰まった感じなので、1.5に広げます。 topへ