(アエラドット) 総合危険度( 1.5mb) 資料1 測定方法の変遷( 456kb) 資料2 用語集( 423kb) 資料3 東京都地域危険度測定調査委員会設置要綱及び 委員会名簿( 419kb) このページに関する お問い合わせ. サイトマップ; ... 、その猛烈な風によって急速な延焼を引き起こしたり、火炎を含んだ竜巻状の渦である「火災旋風」に発展したりすることもあります。 ... 〒182-8508 東京都調布市深大寺東町4-35-3/電話:0422-44-8 33 1/fax:0422-42-7719. 火災旋風(かさいせんぷう、英語: firestorm )とは、地震などの自然災害や空襲などの人災による都市部での広範囲の火災や、山火事などによって、炎を伴う旋風(つむじ風)が発生し、大きな被害をもたらす現象である。 しかし、旋風の発生条件や発生メカニズムは未解明である。 地域危険度マップ. 3.1 火災危険度(1)( 1mb) 3.2 火災危険度(2)( 2.9mb) 4. 災害時活動困難度( 2.6mb) 5. 東京都総務局総合防災部防災計画課 電話:03-5388-2486 メールアドレス:S0031505(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。 昭和20(1945)年3月10日の東京大空襲のときも、同時に多発した火災によって旋風が発生しました。江東地区では焼夷弾攻撃を受けて、630万坪(約2,079万平方メートル)が一瞬のうちに火の海と化しましたが、この地域から1,600メートル離れた所で、風速12メートルを観測したとの報告もありました。 東京都|東京23区の建物倒壊・火災危険度・災害時活動困難度を考慮した総合危険度マップ|対応言語:日本語・英語・韓国語・中国語(簡) 東京だからこそ被害が拡大する恐れがある。 首都直下地震 死者最大2万3千人の7割は火災が原因と予測 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. 2013年、首都直下地震の被害想定が大きく改訂された。シミュレーションによると、m7クラスが発生した場合の死者数は2万人を超え、また被害の7割は火災によるとのこと。1995年の首都直下型地震「阪神・淡路大震災」でも「地震火災」による被害が発生直後に拡大している。 東京都の地震発生時における建物の倒壊や火災の危険性について、地域別に5段階評価した「危険度測定調査」の結果をまとめています。関東では「茨城県沖のプレート地震」の発生確率が今後30年以内で、90%程度以上と予想されています。