一つはこのサイトのテーマである「ポートフォリオ」の選考二つ目の関門はその選考を通った後に待ちかまえている「面接」です。この業界の面接で聞かれることで特殊なことといえばポートフォリオのことです。やっぱり1にも2にもポートフォリオなんですね。 面接で履歴書を求められた場合、どのような形で持参し、いつ渡せば良いのでしょうか。面接に行くまでに覚えておきたい、履歴書を持参する際の封筒の書き方とマナーについてご紹介します。 面接対策はしっかりしていても、面接に必要な持ち物の準備は意外と忘れているもの。 面接当日に慌てて準備したり、忘れ物をしたりしないように、面接時に必要な持ち物について確認しておきましょう。 面接時に必要な持ち物「必須9つ」チェックリスト

持ち込みのポートフォリオは、「同人誌」とはまったく違うのです。 ポートフォリオとは、フィギュアスケートでの規定演技(コンパンソリーフィギュア)のようなもので、自分の実力を規定の中できっちりと見せるのが目的なのです。 この連載では、イラストレーターを目指す新人の粒アン� メディアが紙一色だった時代は、ポートフォリオも印刷した紙を束ねて送ったり、ファイリングして面接時に持っていったりするものでした。 ポートフォリオ の サイズ や ページ数 、 フォーマット はどう決める? 気になる10個のポイント. 面接官に「他と同じ」という印象を与えてしまっては、せっかく考えた自己prや志望動機の効果も半減してしまいます。 そこで、今回は筆者が実践した「この学生は違う!」と思わせる4つの簡単な裏ワザを紹介します。 1 「面接ってだいたい 30 分くらいなんですけど、こちらとしては、短い時間でなるべくあなたの情報を知りたいんです。入社してから何がしたいかとか。 ポートフォリオに書けることはそこで説明しておけば、時間の有効活用にもなります 」