平安時代には蹴鞠は宮廷競技として貴族の間で広く親しまれるようになり、延喜年間以後急激にその記録が増加することになる。貴族達は自身の屋敷に鞠場と呼ばれる専用の練習場を設け、日々練習に明け … 平安時代、貴族たちの間では、「打毬」(たぎゅう)というスポーツが流行っていました。ホッケーのように、球をスティックで打つ遊びです。千年も前に、日本人がホッケー… 平安時代の遊びと言えば、まず詩歌を作る、管弦つまり音楽を演奏するといったもの。 しかし、これはむしろ基本的な素養として扱われています。今で言う接待ゴルフ、接待麻雀と言ったものでしょうか。 また宮中儀礼や習慣に基づく年中行事的な公式?の遊びもありました。 ここでは、それ 平安時代は雅な貴族たちが日本独自の文化を多く作り出していった時代です。 その貴族たちは次々と独自の「遊び」を作り出し、今ではその遊びに使っていた道具や、遊びそのものが学問や歴史的史料などの重要文化財として今日に伝えられています。