今回のテーマは、『書面添付制度のよくある質問①』です。書面添付制度は、「税理士の社会的地位向上」を目的にしていますが、実際には制度自体が知られていないところに問題がある一方、最近になってようやく税理士の皆さんもご興味を持たれているところのようです。 目 次 1 書面の記載内容について有用性が認められるモデル事例・・・・・・・・・・・1 書面の記載内容が調査省略事務等においてその参考となる「税理士法第 33条の2

決算書と申告書の質と信頼性の向上.

書面添付制度の納税者の主なメリットとして、次の2つを挙げることができます。 決算書と申告書の質と信頼性の向上; 税務調査の省略または効率化 . <書面添付制度の目的> 税理士が申告書を作成するにあたり、どの程度の関与度合いがあり、どのような過程 で作成されたのか、決算書の数字の作成根拠や数字に表れないことを記載することによ り、申告書の信頼性を高めること >>>新書面添付制度の効果 ①事前通知と意見聴取制度 新書面添 指摘されると逆に顧問先に迷惑をかけてしまうので、その辺のストレスがあります。 書面添付制度は知っていましたが、「要件が難しいのでは」とちょっと 自分の中で壁を作っていたので利用することができずにいました。 顧問先の書面を実際に書いてみようと思っても最初あたりの項目で � 書面添付制度に係る書面の 有用事例集 税理士所見 平成17年7月 国 税 庁 法人課税課 . 書面添付制度と今後の展望 パネルディスカッション 平成21年4月1日付で改正された書面添付制度における国税庁の事務運営指針の運用開始から1年が 経った。事務運営指針の改正・運用によって、国税庁側・税理士側にどんな変化が現れたのか。指針改正を

書面さえ添付しておけば効果があると勘違いし、非常に簡素且つ殆ど同じ内容の書面を添付し続けた結果、税理士自体の業務品質に目を付けられて、逆にその税理士の関与先の調査が増えたような例も中には有るようです。 2.新書面添付制度の効果 Ⅱ 意見聴取制度について 1.意見聴取制度の流れ 2.意見聴取制度の役割 Ⅲ 書面添付を行うためには 1.書面添付はすべての申告書に行うものか 2.書面添付を行うためには Ⅳ 新書面添付制度Q&A Ⅴ 書面添付用チェックリスト. 1 「税務調査」を回避する方法があるのをご存知でしょうか。税理士による「書面添付制度」を上手に活用すると税務調査を省略することができる場合があります。そこで書面添付制度の概要と作成のポイント、効果についてまとめました。経理担当者必見です! 新指針摘要から2年 「書面添付制度」の活用実態と効果をさぐる(企業実務topics(経理・税務)) 経理・税務の実務を分かりやすく解説します 出典:月刊「企業実務」より 日本税理士会連合会業務対策部は、書面添付制度の普及・定着に係る会員向け周知用リーフレット「書面添付制度をご存じですか?」を作成しました。 本リーフレットは、各税理士会を経由の上、税理士会員各位に配布される予定となっています。 詳しくは、こちらのページをご覧ください。 こんにちは。税務調査に詳しい税理士事務所です。 今日は、税務調査の省略につながったり、減少させる効果がある 書面添付制度について紹介したいと思います。 書面添付制度は、税務調査のリスクを減らせる(くると、仕事の邪魔ですからね) のですが、知っているかたは少ないです。 とても多い税務調査に関するご相談。みなさん心配なようですが、まずは実態を把握しましょう。その上で、対策には書面添付制度がオススメです。税務調査の実態と対策としての書面添付制度について、医療経営専門の税理士がやさしく解説していきます。