不良セクタは正常なセクタには回復しません。 回復を試みるのは、データについてです。 そもそも、チェックディスクはファイルシステムを修復するためのものです。 そして、ファイルシステム上の不良セクタと実際の不良セクタは別物です。

不良セクタの修復とは、不良セクタに対する仕組みが正しく機能できるよう修正することです。 物理的な不良セクタを正常なセクタに回復する魔法ではありません。 Windows 10/8/7で不良セクターを修復する最良の方法は果たしてなんでしょうか。この記事では、不良セクターを修復するための最も効果且つ快適的な方法を書いてきます。Windows 10/8/7のユーザーでもこの記事で適切な修復方法を獲得できます。 <<不良セクタがある方>> 海外のソフトウェアになりますが、不良セクタを修復できる可能性があるHDD Regeneratorという製品があります。詳細は裏ブログの記事をご参照ください。 HDD Regeneratorについて HDD Regeneratorの購入方法 Windows10でHDD不良セクタをどのように修復する? Windows10でHDD・SSDの不良セクタを修復するには、これから三つの方法を紹介します。では次へいきます。 方法1 システム内蔵のディスクチェックツールでHDDの不良セクタを修復 ハードディスク(HDD)の不良セクタや異音・故障完治「FromHDDtoSSD」 ハードディスク(HDD)の故障の修理と言えば、海外製シェアウェアの「HDD Regenerator」が有名ですがこいつのは重大な欠点があって、1セクタ修復するごとに再起動します笑.

Windows 10でディスクエラーをチェックし、不良なセクタや不適切なシャットダウン操作、マルウェア、クラッシュ、物理的な損害などによって引き起こされるハードディスクのパフォーマンスの問題や外付けHDDの不具合などを解決する方法について紹介します。 Windows 10で不良セクタ、突然シャットダウン、メタデータの破損などにより、ハードディスクの調子が悪くなった場合、HDDエラーをチェックし、修復する方法を学びましょう。 フラッシュメモリの場合、その原因はトランジスタに起因するものが考えられます。ハードディスクに不良セクタがあると、不良セクタのデータが失われる可能性があります。したがって、Windows 10のハードディスクで不良セクタの修復を行う必要があります。 ハードディスクで不良セクタが発生すると、ハードディスク内で保存されているデータにアクセスできなくなり、ハードディスクが壊れてしまいます。不良セクタが発生する原因は?万が一発生したらどうすればいいですか?ここで不良セクタの防ぐ方法とデータを復元する方法を紹介します。