パーマもへアカラーもヘアスタイルに欠かせない!そんなおしゃれ女子は、できればどちらも1日で済ませたいですよね。そこで気になるのが、同時にできるの?どっちが先?といった疑問。ここでは、そんなパーマとヘアカラーの疑問に、まとめてお答えします。 前述のとおり、パーマ剤+カラー剤の場合は1週間の間が必要になりますが、化粧品の場合、約48時間で定着する為3日ほど空ければ前施術に影響が少ないと言われています。 カット+パーマ+カラーで約3時間弱、 カット+デジタルパーマで約2時間半 、 カット+デジタルパーマ+カラーで約3時間〜3時間半 が目安となっております。 カットも同時でやるときは、プラスで30分程なので、 カットカラーは余裕を持って120分くらいみておくのがちょうど良い かと思います。 パーマ(60分〜90分) カット込み ︎90〜120分. カラーの色パーマによりますが、 最短で5時間くらいだと思いますよ? ですが、パーマとカラーは同時には出来ませんよ。 カラーを先にやればパーマ液でカラーにムラができます。 逆にパーマを先にかけても1週間は開けないとダメージも大きくなりますし、 しかしその日のうちに同時にパーマとカラーを行ってしまうとダメージを抑える事は難しくなり髪の毛がどうしても傷んでしまいます。 その為、出来ればどちらか一方を行った後は、 2週間程度間隔を空けてもう一方を行うのがベスト であります。 これはパーマをあててカラーをかける場合、美容院での施術後直ぐにはパーマのクセ付けが完成せず、最低48時間を要するからです。 せっかくしたパーマがダメになるのは辛いですので、最低3日というのは守りたいところですね。 美容院でヘアカラーとパーマを同時にう事出来れば、一度の手間で一気にイメチェンできるので良いですが、髪や頭皮に対してダメージが大きくなってしまいます。また、同時にやらない方が良いのはそれ以外にも理由があるのです。是非ご覧ください。 パーマに関しては、色々な種類がありますね。 コールドパーマとカラー・・・約2時間半~3時間。 デジタルパーマ or エアウェーブとカラー・・・約3時間半~4時間。 クリープパーマとカラー・・・約3時間~3時間半。 縮毛矯正とカラー・・・約3時間半。 「パーマもカラーもどちらもしたいけど、どの順番でやるものなのかな?」「どっちも一気にできるものかな?」と疑問に思っていませんか?今回は、パーマとカラーを行う順番、1日で両方の施術を受けることができるのか、をご紹介します。 カラーとパーマを同時にやった場合の施術時間は? ・カラー・パーマを同時にやる場合.