異業種や未経験業界に転職希望の方への質問 異業種や未経験業界に挑戦する場合の面接では、前職までと共通して生かせるスキルはあるか、新しい仕事をしていくうえでの課題を認識しているかなどの質問が想定されます。. 転職面接で、過去職歴を含めて退職理由は必ず聞かれます。 ほとんどの場合、履歴書を眺めながら面接を行うため、在籍していた会社の働きぶりとそこからの転職理由は交互に話す流れとなります。 退職理由 … 今のあなたの課題は何ですか? 異業種へ転職をおすすめする理由や、成功するためのコツ、志望動機の例文を紹介しています。経験がないことは、時に武器になる場合もあります。異業種への転職を考えている方は参考にしてください。 はじめまして!過去ログを拝見しましたが微妙に状況が違うので質問させていただきました。・異業種へ初転職(旅行業→テクニカルサポート)・前職は10年正社員として勤務、転職先は契約社員・退職理由退職する一年半前に個人客への販売 転職するときに最も悩むことといえば、転職理由・退職理由です。ネガティブな転職理由を書くわけにはいきませんので、たとえ会社都合のリストラであっても、ポジティブな理由に読み替えて転職理由を考えましょう。ここでは、具体的な転職理由を掲載し、ポイントをご紹介します。 異業種への転職はなかなか厳しいものがあると言われています。 第二新卒であれば、いま勤めている会社とはまったく違う他業種への転職も問題ありませんが、20代後半から30歳~35歳になるにしたがって異業界・異職種への転職は少しずつ難しくなってきます。 銀行員に限らず、退職理由は本音を言うべきなの? ミスマッチが起こる可能性を排除するためにも 本音で面接を受けることをおすすめします。 しかし、ネガティブな転職理由を面接官に伝えるのではなく、なるべくポジティブな理由に変えてお話するべきです。 多くの銀行員はネガティブな� 異業種転職の退職理由は正直に話すことが重要です。嘘をついたりすると入社後に自分が苦しむことになるので、ちゃんと正直に話しましょう。とはいえ、すべて正直に話すNGパターンもあるので、詳しく解説していきます。