会社で配置替えとなりまして、今まで他人が使っていたpcを使用することになってしまったのですが、音声がおかしく、常にハウリングてボワンボワンした音を再生します。スピーカーだけでなくイヤホンジャックにイヤホンを差し込んでもボワ Web会議を行うときに起こりがちなエコーやハウリング。この原因と解決策を知っておかないと、いざ会議でマイクトラブルが発生したときに対処できず、スムーズに話し合いが進みません。 そこでこの記事では、Web会議でハウリングやエコーなどが起きる原因と解決策をご紹介します。 マイクを使用して拡声している場面に遭遇した経験もあると思います。 この「キ〜ン」や「ボー」という音を発生する現象が「ハウリング」です。 実際のハウリングの発生状況と抑制方法をわかりやすく解説したコンテンツは、こちら。 OBS Studioを使用中にマイク音声が二重になった場合、どうすればよいのでしょうか。二重になっているマイク音声を聞いたとき、多くの人は以下のような感想を持つはずです。 ハウリングしている(ハウる) エコーがかかっている(お風呂の ハウリングは相手に伝わった自分の声が、相手が使っているスマホのマイクに入り込むことで起こります。 したがって、相手の使っているスマホのマイクが音を拾いやすい状態だと、自分の声が聞こえる、またハウリングが起こる確率が高くなります。 pcを使った音声通話や動画撮影の際に使う、pc用スタンドマイク。一方向の音のみを拾う単一指向性や広範囲の音を拾う全指向性、手軽に設置できる卓上型から安定感に優れたアーム型まで様々な種類があり、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 内蔵マイクの音声を再生する場合は、ヘッドホンなどをご使用いただき、スピーカーから再生される音声を内蔵マイクが取り込まないようにします。 また、ハウリングが発生する場合は、マイクの音声やスピーカーの音量を調節します。 ・マイクミュート解除の設定は、再生デバイスとよばれるところでおこないます。 マイクミュートの解除を録音デバイスでするものと勘違いする人がいますが、再生デバイスで行うのです。マイクミュート解除機能は、PCによってちがいます。 WindowsVista/7/8/8.1 pcを使った音声通話や動画撮影の際に使う、pc用スタンドマイク。一方向の音のみを拾う単一指向性や広範囲の音を拾う全指向性、手軽に設置できる卓上型から安定感に優れたアーム型まで様々な種類があり、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 これがハウリング、エコー、およびその他の音の不具合を引き起こします。 マイク入力が「ボリューム コントロール」で有効になっている場合は、マイクで拾った音がスピーカを通して再生されます。 当記事ではWindows10のマイクに関連する設定方法を紹介しています。Windows10のパソコンでマイクを許可にする方法だけでなく、音量の設定方法についても紹介しています。Windows10のマイクに関して悩んでいる場合には当記事を参考にしてみてください。 会社で配置替えとなりまして、今まで他人が使っていたpcを使用することになってしまったのですが、音声がおかしく、常にハウリングてボワンボワンした音を再生します。スピーカーだけでなくイヤホンジャックにイヤホンを差し込んでもボワ PCを利用してWeb会議やボイスチャットを行う際に、「キーン」という非常に不快な音のハウリングやエコーが発生することがあります。 ハウリングは、マイク・スピーカーの機器自体の問題も考えられますが、設定である程度低減して抑えることができます。