エクセルと同様、シートの移動などにも対応します。 少々とっつきにくいのは、まず何かの変数に情報を先に入れておくことでしょうか? シート名で指定する方法、シートの数で指定する方法などなどがあるようです。

のようになります。 またセル番地(セル範囲)を代入するための変数を宣言する場合、 Dim 変数名 As Object.

Googleスプレッドシートを使って対象の検索値から別のスプレッドシートの検索範囲をシート1!A1:C50の中からC列を比較して一致した行のA列の値を表示させたいです。=index(IMPORTRANGE("スプレッドシート識別子","シート1!A1:C50"),MATCH シート間の移動. 前提・実現したいことGoogleAppsScriptで全体の進捗管理と個々の事象を管理するSpreadSheetを作りたい setFormulaでIMPORTRANGEを入力して個々の事象から全体の方にフィードバックを行いたい どのようにすれば良いかアドバイスをいただきたいです。 UID企業名 または、 Dim 変数名 As Worksheet. シート前:【ファームの回答1】→【有給申請管理】 後ほど、シート名を変数にしたコードが出てきますので、ここの名前はなんでもいいですが、対応するコードの変更も必要になります。 簡易社員マスタの作成(sheet名:mail_adress_master) さて、個々のコード全ての詳細な説明は割愛させて頂きますが、今日お伝えしたいところの1つ目について。 上記のコードでは、シート名をいちいち名前で指定しています。 fName の 06月 シートのセル範囲 C7:F36 をコピーする。 の1行でまとまりますね。まとまるだけでなく、余計な動作がなくなるため 処理がずっと早くなりますよ。 1)ファイル名で指定する方法・・・ブック名だけを保存する変数fName2、gName2を作成します。 のようになります。 =importrange("xxxxx(スプレッドシートのキーid)","sheet1!a2:e10") vlookup関数とimportrange関数を組み合わせる. シートのデータを配列で全取得 「ここのセルの値を取得したい!」 はGASをやっていたら最も行う作業です。 または、 Dim 変数名 As range. Importrange関数は、他のシートからデータを持ってくるときに使います。元のデータのあるシートが更新されると、Importrange関数で取得するデータも自動的に更新されるので、大変便利です。 2、後でシート名を変更したい場合があるのでシート名はなるべく変数で指定しておく. シートを代入するための変数を宣言する場合、 Dim 変数名 As Object. エクセルやスプレッドシートにおいては文字列の削除や置換は頻繁に使われます。 そこで今回はGoogle Apps Scriptにおける、文字列の置換や削除方法についてご紹介します。 構文例:QUERY(importrange(“参照したスプレッドシートのURL”,”シート名!範囲文字列”), “where Col列番号 = ‘検索値’ “) Excelでデータの集計を行うときに、シート名をセルから参照したい場合もあります。たとえば、支店ごとに作成した売上を合計する場合です。 東京、千葉、神奈川という支店について1支店1シートで売上を入力しておきます。 各支店の売上を「売上合計」シートで集計します。 Importrange関数の基本的な使い方. 2-6.別シートのデータから指定条件にあった関数のデータのみ集計したい場合:QUERY関数との合わせ技. シートを使う場合(なのでほぼ必須) ※これ以降、変数「sheet」はこの関数で取得したシートデータが入っているものとしてすすめますね. シート名の変更. シート hoge の適当なセル(ここでは B5)に fuga と記入したうえで、シート hoge の別のセルで =INDIRECT("'" & B5 & "'!A2") とすると、シート fuga のセル A2 の内容を参照できます。 シート名が fuga から piyo に変わったときは、セル B5 の内容を piyo に変えればOKです。