新築からur団地のリノベーションへ 「無印良品というと、みなさん『雑貨屋さん』や『家具屋さん』といったイメージを持っていらっしゃると思います。 でも、商品が集まることによって“暮らしのかたち”を想像するようになるのはとても自然なこと。

無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に生まれました。現在、全世界で700店舗を超え、商品アイテムは、約7,000品目を扱っています。 無印良品だけでない、リノベーションの会社をご紹介します。 リノベーションとは、築年数を経た建物に、新しい価値付けを行うことです。 基本的な構造(スケルトン)をいかしながら、全く異なる機能や佇まいを持った空間へと刷新します。 平成24年度から展開されている、無印良品の住空間事業部門「muji」とur(独立行政法人都市再生機構)による「団地リノベーションプロジェクト」。.

国立の富士見台団地は、urと無印良品(muji)とコラボしリノベーションされた部屋が話題です。無印良品の売場のオシャレな空間をそのまま取り入れ、3DKを1LDKへ改装した間取りなので狭さを感じませ … 団地の老朽化と超高齢化が進む中、再生に向けて動き出した多摩ニュータウン。約3300戸のur賃貸住宅を活性化すべく、無印良品と連携した団地リノベーションなど再生に向けた取り組みをレポートする。

muji×ur団地リノベーション; 無印良品の家でテレワークしませんか? muji×ur団地リノベーション.

muji×ur 団地リノベーションプロジェクトのお部屋を訪問! 回遊性をもたせた1ldk. 団地のリノベーションを通し、これまでにない 暮らし方を実現しようとする試み。 muji×ur団地リノベーションプロジェクト. 今回のmuji×urのプランのテーマは「風通しの良い一室空間」。 もともと2dkだったお部屋のふすまをなくし、リビング・ダイニング・キッチンがゆるやかにつながる間取りです。 「ゆるやかな」生活提案 都市再生機構(ur都市機構)と無印良品の住空間事業部門であるmuji house(東京都豊島区)が展開する「muji×ur団地リノベーションプロジェクト」で、1月中旬から花見川団地(千葉県千葉市)など4団地7プランの入居者募集を順次開始。 令和の新プランも決定 日本の暮らしのスタンダードを追求してきたur都市機構と無印良品が、現代のすべてをこわしてつくるリノベーションから長く心地良く住まうことができる「賃貸リノベーション」の新しいかたちを提案し … シンプルでデザイン性に優れたものづくりを行う無印良品とurとの共通点は「暮らし」である。 これからの団地の住まい方を考える「muji×ur団地リノベーションプロジェクト」は平成24年6月に発足した。 株式会社 muji houseのプレスリリース(2017年12月12日 14時00分)muji×ur団地リノベーションプロジェクト