この記事では日本での賃貸契約の時に連帯保証人がいなくてもマンションの賃貸契約を結ぶ方法について、解説します。 日本でマンションの賃貸契約をする場合、家賃保証の連帯保証人を立てることは必須です。 ただ日本に知り合いがいないなどの理由で家賃の連帯保証人を頼めなくてもマン� 金融機関から大きな借金をする際に設定することが多い連帯保証人。住宅ローンなどでは夫や妻といった配偶者を連帯保証人にすることも多いですね。しかし最悪の場合、借金の肩代わりをすることになってしまいます。そのため、安易な気持ちで引き受けてしまうと 滞納トラブルの専門家が答える|賃料4か月滞納の賃借人をもつ大家ですそこで今回、連帯保証人の父親に全額払ってもらいましたところで現状、実は賃借人は行方不明で父親も消息不明でどこにいるかわからないとのこと従来から行方不明はよくあったん 連帯保証人を一度引き受けてしまうと、解除するのは極めて難しいです。ただし連帯保証契約に問題があった場合、保証契約の無効を主張できます。保証契約に問題がなければ、代替案を提示して合意解除を目指す方法もあります。追認は絶対にしてはいけません。 日本での賃貸契約には、連帯保証人がつきものです。 連帯保証人は、重い責任を負うことになるので、親族がなるのが一般的です。 連帯保証人とは、どのような責任を負うのでしょう。 また、解除したくなったら、すぐに出来るものなのでしょうか。