がんが脳に転移したときの平均余命は約6カ月とされています。しかし最近では治療法の進歩により、長期間生存する患者も増えています。 がんが脳以外の臓器に転移していなければ、2年以上生存することも少なくありません。 こんにちは。加藤隆佑です。あなたが、骨に転移があったとしても、余命を数える状態では、ありません。骨に転移していたとしても、体を動かして、体力を落とさないようにしましょう。そのためには、骨転移による痛みを取り除くことは、大切です。 1)膀胱全摘術 転移を有さない進行性膀胱癌の治療の基本は膀胱全摘術となります。 筋層までの浸潤であれば、5年生存率は75-80%と良好ですが、筋層を超える浸潤を有するものは5年生存率41-49%、また1個でもリンパ節転移を有するものの5年生存率は35-40%にすぎません。 色々な文献を見ていると、膀胱がんは転移しにくいがんと言われていますが、本当に転移しにくいのでしょうか。 また、膀胱がんの症状は女性と男性で違いがあるのかなど、膀胱がんの基礎知識から末期症状、転移についてまとめました。 がんが脳転移したときの余命. 膀胱癌 2017.4.8 膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは? 卵巣癌 2014.10.23 下腹部に違和感を感じたら【卵巣がん】の検査をしよう 膀胱癌 2014.10.23 膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因… 食道がん 2014.10.19