2018年6月29日 / 車の整備. エンジン異音②. エンジンルームを開けてみると、どうもファンベルト付近からの音が発生していたのです。

エンジンルームからの異音 ベルトオートテンショナーの不具合 . 結論から言うと異音の原因は、ファンベルトの張りを自動調整するベルトテンショナーというパーツでした。. お隣のカーワールドキングさんからのご依頼で異音修理での入庫です。 診断の結果4つあるエンジンマウントのうち3つがダメになっていたのとファンベルトの張りを調整しているオートテンショナーという部品が悪かったので交換します。 そして、このオートテンショナーとは字のごとくファンベルトを自動で.


異音止まらず. 1.1 タイミングチェーンの異音が消えない時は要注意; 2 2.ファンモーターの故障; 3 3.セルモーターのバネ不良; 4 4.メタル焼け 平成14年式日産セレナ(tc24 qr20 cvt 走行12万キロ)ですが、エンジンがしっかり暖まった状態でのみタイミングチェーンのあたりから異音がします。金属同士が擦れるようなジャリジャリ音です。実際、ファンベルトがかかっているあたりの 今回は、アイドリングストップ警告灯が点滅したセレナのバッテリー交換の作業です。セレナのバッテリーを交換も昔の様にただ交換すれば良いというものでもなくなってきました。ご自身でバッテリーを交換される方など是非ご参考にされて下さい。

2.4lエスティマのエンジンのアイドリング中に音がする原因 異音の原因はベルトテンショナー.
早速、点検させて頂きますとベルトのテンショナーが異音と共に振動(ガタツキ)していました。マイナスドライバーでテンショナー固定すると異音はおさまりました。と、いう事でオートテンショナー不良と判断し交換することにしました。 オートテンショナーを交換しましたが、結果音は小さくなったけどまだ異音がずる時があります。 各方面に情報収集したところ、ベルトでセットでの交換が望ましい。という見解でした。 それは、わかっていたんですけどね。ノゾマシイのは。 今回の日産キャラバンは、エンジンをかけると『ギャー』という異音がするとの事でした。エンジンをかけて異音を確認すると、テンショナーから大きな異音が出ています。回転数の上昇に応じてテンショナーの異音が大きくなるといった症状でした。 Pocket. ではいよいよその回答を。 音の原因となった部品は下の写真に写ってる部品です。 こちらがその原因の部品を取り外したもの。 セレナのお客さんが、たまに、ベルトの滑るような音がすると言って見えました。 ベルトやテンショナーの基準値のマークは、正常でしたが、 張りが少し弱く感じます。 しばらく様子を見てもらっていましたが、改善しないようなので、交換しました。 1AZエンジンのエンジンルームからの異音の不具合についての原因と修理内容です。 車両は60ヴォクシーで、走行距離は80000km 1 1.タイミングチェーンとテンショナーの音. 結論から言うと異音の原因は、ファンベルトの張りを自動調整するベルトテンショナーというパーツでした。. 2.4lエスティマのエンジンのアイドリング中に音がする原因 異音の原因はベルトテンショナー. オートテンショナーなんでベルトが緩まないように常にテンションが掛かった状態になってます。 指で触ってるボルトは14ミリでテンショナー可動部を固定してて、そこから5センチほど下に12ミリのボルトがオートテンショナーのベース部分を固定してます。 1AZエンジンのベルトテンショナーはオートテンショナーとなっており、テンショナーの中にオイルが封入されています。 このオイルが経年劣化などにより漏れてしまうことで、ベルトの張力が弱まり異音の原因となります。 スポンサーサイト. Tweet. なので、ベルトを交換する際にテンショナーを目視でも外してでも ガタツキは無いか?空転させた時異音がしていないか?を確認して 異常が無いなら、ベルトのみを交換します・・異常があればオートテンショナーも交換です。 前回、日産セレナ(C24型)でエンジンからの異音の原因は?という所で終わったと思います。 セレナエンジンから異音 前編. テンションをかけてくれる部品になります。 テンションをかけないとベルトがスリップして “キュル キュル キュル~”って異音がしたりします。よく言うベルト鳴きってやつです。 エンジンルームを開けてみると、どうもファンベルト付近からの音が発生していたのです。