犬の便(ウンチ)は“健康のバロメーター”ともいわれ、下痢をしているときは不調が隠れている恐れがあります。今回は、犬の下痢の種類や原因、危険度の高い下痢の特徴について解説します。治療法や対処法、予防法もご紹介するので参考にしてくださいね。 元気があっても3日以上下痢が続いている場合や、一度は治っても再び下痢を繰り返す場合には、寄生虫・細菌・ウイルスなどの感染症や食物アレルギー、慢性腸炎などを起こしている可能性もあるので、なるべく早く病院で検査や治療を受けることをおすすめします。 繰り返す下痢のために胃腸が荒らされて 粘膜が排出されることもあります。 下痢が慢性化してしまうと 常に腸粘膜が傷付けられ状態となるので 元気がなくなり下痢が続くようならば、 動物病院でみてもらう方が良いでしょう。 繰り返す下痢. このときに犬の便の状態を確認することで、犬が下痢をしているかどうかがわかりますね。すぐによくなるといいのですが、繰り返し下痢をすると心配です。ここでは、犬が下痢を繰り返す原因とその対処方法を紹介しましょう。 元気や食欲があっても下痢が長く 続くと脱水を起こしたり、体力消耗 したりと心配になってきますよね。 また、原因がはっきりしない場合 にはなおさらです。 犬の下痢はちゃんと検査すれば 80%は原因が分かり、診断が下ります。 残りの20%は、 下痢以外は元気であれば一過性の場合が多いので、1~2日様子を見ても良いでしょう。食事の変化など原因を考え、思い当たる食べ物は控えて安静にします。ただ、下痢が続いたり嘔吐もあるときは脱水しないよう早めに対処を。 「下痢」は、犬に非常によく見られる体調不良の一つ。それだけに、様子見をするか病院に連れていくか、悩む飼い主さんも多いようです。そこで、今回は、愛犬が下痢をした場合に、考えられる原因や対処法について取り上げてみましょう。 嘔吐と下痢の原因は色々あります。重大な病気でない場合は、原因がはっきりわからない事もあります。 犬は人間より嘔吐と下痢の症状が出やすい動物です。例えば変なものを食べた、食べ過ぎてしまった、勢いよく食べた等でも嘔吐をします。 又、環境の変 下痢の症状がひどくなくても、慢性的に下痢を繰り返すような場合には、一度病院で原因を特定してもらった方がよいです。 まとめ 犬を飼い始めた最初の頃は、愛犬がちょっと下痢をしただけでもすごく心配になるものです。 犬を飼っていたら、何度は吐いたり下痢をしたりしているのを見たことがあると思います。 軽い症状の時もありますが、中には重篤な場合もあります。 様々な病気の症状となる嘔吐・下痢ですが、今回は主に考えられる原因をご紹介します。 犬の便(ウンチ)は“健康のバロメーター”ともいわれ、下痢をしているときは不調が隠れている恐れがあります。今回は、犬の下痢の種類や原因、危険度の高い下痢の特徴について解説します。治療法や対処法、予防法もご紹介するので参考にしてくださいね。