本記事では、日本国内でドローンを飛ばす際に必要な資格や免許はあるのか? ドローンの資格が必要な時はどんな時かを解説していきます。 ドローンの資格に興味があるという方で、どんな時に資格が必要なのかを知りたい方に最適です。

空撮を手軽に撮影する方法として、近年ドローンによる撮影が行われるようになってきました。とても便利なドローン撮影ではありますが、実際ドローンを使って撮影する場合、資格や免許は必要ないのでしょうか?今回はドローン撮影・空撮に必要な資格・免許についてご紹介していきます。 しかし、海外から並行輸入したドローンの場合、無線の規格によっては免許がかならず必要になります。 俗に言う、アマチュア無線4級や特殊陸上無線3級ですね。 こちらも免許不要で使用できるのは2.4GHz帯の電波になる。海外では5.8GHz帯の電波を採用しているドローンが大多数を占めるが、国内ではETC等の電波に使われているためドローン(空中)での使用は基本的に認められていない。 2.4Ghz帯の電波を使用したドローンを操縦するには特に免許は必要ありませんが、資格をもっているとフライト申請をするときに一部書類の免除があったり、何よりドローンを使った仕事をする人にとってはクライアントからの信頼を得ることができます。 この度、アメリカでドローンを飛ばすために必要なfaaのドローン免許をグアムで取得してきたので、その体験と手順について紹介します!アメリカでドローンを商用で飛ばすことを考えている人は是非ご一読 … しかし、海外から並行輸入したドローンの場合、無線の規格によっては免許がかならず必要になります。 俗に言う、アマチュア無線4級や特殊陸上無線3級ですね。 こちらでは、海外のドローン規制や法律について詳しく紹介をしています。海外旅行に行く時にドローンで空撮できるときっと楽しいですよね。ですが、航空局や国によっては慎重にしなければいけません。ぜひ見てみてくださいね。

ドローンを飛ばすのに無線免許は必要か? さて、ドローンを飛ばすのに無線免許やそういった類の資格は必要なのでしょうか。結論から言うと、現在日本国内向けに販売されているホビー向けドローンには無線免許は必要ありません。