By way of explanation, IIS processes handlers from first to last based on the order handler entries in the applicationHost.config and web.config files, where the first matching combination of path, verb, resource, etc., will be used to handle the request. 文字化け - asp.net meta ... (applicationHost.config)は、既定のインストールの場合、 %WinDir%\ System32 \ Inetsrv \ Config \ applicationHost.configにあります。 READ MORE 文字化けが発生するページがありました。 元々、Web.configには以下の設定がされていました。 長年お客様の環境で動いてきたシステムでもあるので、 これで問題ないだろうとは思いつつ、 念のため調べてみると、上記2つに加えて、 コマンドプロンプトを使っている際に日本語が文字化けする事があります。これは文字コードの違いから発生する現象ですが、コマンドプロンプトの文字コードの確認方法や、文字化けの対処法について紹介していきます。 IIS 7.0 またはそれ以降のバージョンが Windows Server 2008 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューター上で使用されるレジストリ キーについて説明します。 文字化けの原因の一つにロケールと言うものがあります。PCごとに設定されているロケール(システムロケールとも言う)が異なると、文字化けすることがあります。 文字列の中にある空白を削除したい場合があります。 この場合、空白を別文字に置換する、ということで Replace を使用しますが、日本語環境の場合は半角と全角があるため注意が必要です。 var s1 = " おお! しんでしまうとは なにごとだ!

コンソールからraspi-configを起動すると文字化けが起きるようになった。 ただし、X-Windowのターミナルからraspi-configを起動すると文字化けしない。(謎) タイムゾーンの指定. 一つ前のapplicationHost.configファイルは、上記の日本語の文字化けが起きる前の状態ですので、applicationHost.config ファイルの文字化けの箇所に、元の日本語を手動でコピーすることで、「IIS マネージャ」を開いた際のエラーが解消されます。 Cygwinでipconfigを実行したところ、文字化けした状態で出力されました。 原因は、WindowsがShift-JISで出力するところ、CygwinではUTF-8を使っているから。 この問題を解消し、Cygwin上でも文字化けせずに見られるようにしました。 方法は、このサイトを参考にしました。

文字化けしていたテキストファイルが問題なく表示されたことを確認してください。 補足 正常に表示されない場合は、 手順2 で別の文字コードに変更して、文字が正常に表示されるか確認してください。 文字化け - asp.net metaタグ ... (applicationHost.config)は、既定のインストールの場合、 %WinDir%\ System32 \ Inetsrv \ Config \ applicationHost.configにあります。 READ MORE asp.net - 変更 - asp 文字化け 原因 ... (applicationHost.config)は、既定のインストールの場合、 %WinDir%\ System32 \ Inetsrv \ Config \ applicationHost.configにあります。 applicationhost.configにも新たに 'XXX-SITE' の記述が追加されていました。 おそらく、上記Configファイルは基本的に手動でいじるようなファイルではないと思いますが、 フォルダコピーなどでIIS Expressでの動作がおかしくなったときには

解決方法は、applicationHost.configの文字化けした日本語を修正します。 applicationHost.configは、C:\Windows\System32\inetsrv\configにありますので、管理者権限をもつユーザーで修正します。 IISで設定される可能性の高いのが下記の行になります。 詳しくは先の記事「ApplicationHost.config の場所」を見てください。 以上の設定後、[ファイル(F)]⇒[すべて保存(L)]してから、[デバッグ(D)]⇒[デバッグの開始(S)]または[デバッグなしで開始(H)]で、上の画像のように既定のブラウザが立ち上がって SSL 通信で要求・応答が行われ、結果が表示されます。 raspi-configで 4.Internationalisation Optionsを選択 ASP.NET のデフォルトでレスポンスヘッダーの Content-Type は UTF-8 になっています。ですので、何も設定しない状態だと Content-Type は以下のように設定されます。 Content-Type: text/h MSDN Blog の記事「IIS Expressの仮想ディレクトリを applicationhost.config から削除する方法」によると、上記 (1) の Documents フォルダ下の ApplicationHost.config ファイルが、全 Web アプリで共用されるようなことが書かれていますが、これは少なくとも自分の PC にインストールしてある VS2015 には … http プロトコルを使用してインターネット インフォメーション サービス (iis) 7.0 または 7.5 以降のバージョンを実行しているサーバー上のコンテンツにアクセスすると、iis から要求の状態を示す数値コードが返されます。 日本時間の指定方法.