主に温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度において使用される、co 2 排出係数について紹介しています。 発熱量当りで比較した場合、lpガスは石油に比べて0.0096tco 2 /gjほど、a重油に比べて0.0103tco 2 /gjほどco 2 排出量が少ないという結果がでています。 ガスの分子式から、c(炭素)を12、h(水素)を1として計算すれば求まるでしょう。 ただし、一口にガスといっても、いろんな種類があり、同じ容積でも重さが違います。 ・都市ガスの場合 最近の都市ガスの場合、天然ガスが一般的で、主成分はメタン(ch4)です。 液化石油 LPG 50.2 MJ/kg ガス 熱供給事業者・供給区域ごとの単位 発熱量を用いてもよい。 熱 温水 1.36 MJ/MJ 5C 18.8 MJ/m3 冷水 1.36 MJ/MJ 6A 29.3 MJ/m3 12A 41.9 MJ/m3 都市ガス 13A 46.1 MJ/m3 ガス会社ごとの単位発熱量とする。 自家発電 事業者の実測値(又は9.76 MJ/kWh) なお、その他の燃料にあっては、その総発熱量に相当する重油(発熱量は、39,558.1725kJ/Lとする。)の量に換算するものとする。 [参考] 都市ガス13Aの最大燃焼能力が1時間当たり70m3Nであるガスエンジンの重油換算燃焼能力の算出方法 100万トン≒天然ガス12.2億m3 Calorie conversion 熱量換算 1 ton ≈ 1.2 kl of crude oil = 7.4 bbl of crude oil 1トン≒原油1.2kℓ=原油7.4bbl LNG tank with a capacity of 200,000 kl ≈ 92,000 tons of LNG ≈ 112 million m3 of natural gas LNGタンク LNG20万kℓタンク≒LNG9.2万トン≒天然ガス1億12百万m3 当社は、平成27年9月1日に、供給ガスの標準熱量を現行の46.04655MJ/m 3 から45MJ/m 3 に引き下げました。 これは、都市ガスの主な原料である液化天然ガス(LNG)が低熱量化の傾向にある中で、原料調達先の多様化などへ対応するためのものです。 100万トン≒天然ガス12.2億m3 Calorie conversion 熱量換算 1 ton ≈ 1.2 kl of crude oil = 7.4 bbl of crude oil 1トン≒原油1.2kℓ=原油7.4bbl LNG tank with a capacity of 200,000 kl ≈ 92,000 tons of LNG ≈ 112 million m3 of natural gas LNGタンク LNG20万kℓタンク≒LNG9.2万トン≒天然ガス1億12百万m3 m2(平方メートル)に見えますがm3(立方メートル)で、tはトンですか? 体積を重量換算すると読みました。 都市ガスの重量は正確に出ていないようです。比重で空気の0.65らしい 体積は熱膨張しますから気温で変わってしまいますが無視します。 m3: リットル: L: 重さ ... 1か月の使用量を重さに換算する; ガス器具の使用エネルギー量(kw ... 「プロパンガスは都市ガスより高い」 ということはよく言われています。 都市ガスとLPガスはどう違うのですか? LPガスの1m³は何kgですか?その計算方法は?また、原油換算量は? ガスの価格について、MB、CP、CIFというのを聞くのですが、どういう意味なんですか? バルクにすると、ガスは安くなりますか? その場合、 請求書に記載された体積m3に0.967を乗算、掛ける事で標準体積であるNm3に換算する事が出来ます。 この0.967は 都市ガス特有の数値であり、別の気体を計算する際にはその気体に応じた数値が必要 です。 1時間あたりのガス代と使用量の計算方法 ※都市ガスの場合m3⇒Nm3へ単位換算(低圧の場合:0.967をかける、中圧の場合:1.0448で割る)して使用量を入力して下さい。 (tCO2/年) CO2排出量