税務調査の手法の1つ「反面調査」を聞いたことはありますか?反面調査が行われると、会社関係者に迷惑をかけてしまいます。ここでは、反面調査が一体どんな調査方法なのかを解説いたします。また、実際に反面調査が行われたときの対応方法もみていきましょう。 落とせるものなら経費で落としたい。飲むたびに領収書はもらっているけど、実際にどこまで経費で落とせるか分からない――。いつの時代も社長や自営業者を悩ませるのが「交際費」の扱いだ。交際費は税務調査で特に狙われやすく、否認されれば多額の追徴金が課税される費目でもある。 税務調査でよく論点になるポイントとして、リベートや謝礼として渡した商品券などが挙げられます。「いつも仕事をくれてありがとう」という意味ですから、商品券の購入費用は交際費に計上することに … 個人事業主の医院は、使える交際費の金額に制限がありません。 医療法人の交際費は、原則、1年間で800万円までです。(資本金が1億円超の場合には、交際費の半額が経費までが、経費として認められます) それに比べると、個人事業主の交際費は青天井というのは、すごい話です。 この反面調査はすべての会社に対して行われるわけではありません。申告内容に問題がなく、誠実な対応をしていれば行われません。 税務調査で反面調査はどのようなときにされる? 通常の税務調査は、まず顧問税理士に事前に税務署から連絡が入ります。 〇科目別に税務調査のポイントとその対応のポイントを教えてください【所得税・法人税・消費税】 税務調査でよく指摘される事項とその対応の要点は下記のとおりとなります。 【現金】 〇調査のポイント 現金出納帳の残高と実際の残高が一致しているか。