経口薬(口から服用する薬)ではなく、吸入薬として口から吸いこむことでインフルエンザによる感染症を治療する薬がラニナミビル(商品名:イナビル)です。 感染症のお薬は指示された1回量と服用タイミング、期間を守って服用してください。 自己判断で飲む量を調節したり、途中で中止すると効果が十分に発揮されず症状が再燃することがあります。 お薬はコップ一杯程度の白湯または水で服用しましょう。 イナビル(ラニナミビル)の作用機序:抗インフルエンザ薬.

インフルエンザに感染してしまった時に処方される抗インフルエンザ薬の「イナビル」。 イナビルにはどんな副作用があるのでしょうか?副作用で蕁麻疹が出ることはあるの? イナビルを服用した時に考えられる副作用や、蕁麻疹が出てしまった時に出来る対処法についてまとめました。 【薬剤師が解説】インフルエンザ治療薬「イナビル」。タミフル、リレンザ、ラピアクタとの違いを始め、吸入粉末薬イナビルの使い方、吸入の方法、注意点、効果・副作用について解説します。 家族がインフルエンザにかかってしまうと、その家族が看病する事が多いかと思います。 その際に気をつけなければいけないのが、インフルエンザの感染力!看病している側が感染してしまっては共倒れに … インフルエンザの感染力はかなり強いので他の人にうつさないことが大切です。インフルエンザの感染力は発症後2~3日がピークと言われています。 基本的には「発症して5日間」さらに「解熱後2日間」は外出を控えたほうが良いと言われています。 亜型ごとに感染後に体内の免疫反応を引き起こす抗原としての性質(抗原性)が異なるます。 ただし、インフルエンザワクチンのタイプの予想が外れてしまっても、50~60%は予防効果があったと報告 され … 解熱後の感染力がどのくらいあるのか 別の記事で解説していますので そちらも合わせて読んでみて下さいね。 インフルエンザa型の解熱後の感染力は?7日は外出できない理由! 自分のためにも周りの方のためにも タミフルを飲みきることが大切なんです。