小児のインフルエンザワクチンは2回(13歳未満)必要です。量が、3歳未満は1回0.25mLで、3歳以上は1回0.5mLです。理想的には4週あけて2回接種します。ですから、1回目は10月中に受けられると良いでしょう。不活化ワクチンです。

インフルエンザ脳症のガイドラインについてインフルエンザは大変つらい病気ですが、タミフルやリレンザ、イナビルなどの抗インフルエンザ剤を服用すれば、ウイルスの増殖を抑えてくれますので、3日をピークに回復していきます。しかしインフルエンザに罹った 【年齢別インフルエンザワクチンの摂取量と回数】 6か月から3歳未満は、1回0.25mlを2回に分けて接種します。 3歳の誕生日を迎えた場合は、1回0.5mlを2回に分けて接種します。

インフルエンザ予防接種は効果が高い予防法 になります。年齢により、摂取量や接種回数が異なります。 1.6ヶ月以上3歳未満の方・・・1回0.25mL 2回接種 2.3歳以上13歳未満の方・・・1回0.5mL 2回接種
【公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医監修】赤ちゃん(乳児)のインフルエンザの予防対策と、感染してしまった際の自宅ケアの方法をお医者さんが解説します。お薬や、病院受診のタイミングも紹 …