では、再婚相手と(初婚時の)子供が離縁した場合、養育費は誰が払ってくれるのでしょうか?? やはり、実の父親=初婚時の夫が支払うことになります。 実の父親からすると、何年も前に元妻が再婚し、子供とも会っていないのに、突然、養育費をまた払え! 離婚後、元嫁が再婚し、息子は再婚相手と養子縁組をした場合でも、父親である私には養育費を支払いの義務があるのでしょうか?元妻が再婚したという事情は、あなたが養育費を支払うに際して、何も影響しないのでしょうか。減額は可能かもしれません。

離婚後は、夫婦それぞれ別々の人生を送ることになりますので、元夫が離婚後に再婚して養育費の減額を主張してくることもあるでしょう。その場合に、母親として子供たちのためにどのように対応すればいいのかまとめました。 離婚をして子どもを引き取った元妻が再婚をした場合、養育費はいったいどうなるのでしょうか?「再婚をしたのなら、その夫が養育すればいいだろう」と考える人もいるのですが、そうではありません。元妻が再婚をしてもしなくても、元夫には支払い義務があるの

確認したところ、元妻は、再婚し、子ども達を養子縁組していることが判明しました。弁護士は、養育費減額の審判にて、Sさんに養育費の支払い義務が存しないこと、また、未払分についても、支払い義務がないことなどを主張しました。 再婚が決まったけれど離婚する時に嫌な思いをしたから元夫にはあまり報告したくない。でも養育費を受け取っているし報告しないといけないのかな。難しい悩みですが、ポイントを押さえて報告するか否かを判断できる基準をお伝えします。 養育費とは、子に対する「養育義務」・「扶養義務」を具体化したものです。ですから第二の夫と子の間に、再婚と同時に「養子縁組」を行わないと、彼に養育費の法的な支払い義務は発生しません。

再婚したとなると、経済面を含め生活環境が変わったということです。元配偶者が再婚したとき、養育費の減額や支払い停止が可能なのか、また子どもの面会などを含めた交渉をどのように進めていけば自身に有利な結果へ導くことができるのかをお伝えします。

ずっと真面目に支払ってきた方でも、再婚したら家族ができ、元妻(夫)への養育費の支払いが負担になってしまいます。養育費は減額できないのでしょうか?再婚するときに養育費の減額が可能か、どのようにして減額してもらえるのか弁護士が解説します。

両親には、別れた後も子供を養育する義務があります。その義務を遂行するためのものが「養育費」です。さて、この養育費ですが元夫や元妻が再婚した後にはどうなるのでしょうか。 減免や打ち切りになる可能性はあるのでしょうか。また反対に元旦那(妻)の再

「新しい家族にお金が必要だから、今後は養育費は払えない」 元夫が再婚するにあたり、このようなことを言ってきたとしたら… これって、しょうがないことなのでしょうか? 再婚するのは勝手ですが、養育費の支払いに影響が出てしまうのは困りものですよね。 実録・養育費7年戦争 夫の再婚で支払いストップ、差押えまでのイバラの道 写真はイメージです(プラナ / PIXTA) 家庭裁判所で取り決めた養育費。 離婚した元夫が再婚したという話を聞いて、辛い気持ちになってしまう人は多いものです。そこで今回は、元夫の再婚で揺れる妻の気持ち、複雑な気持ちになる原因、再婚相手が元不倫相手だった場合、子供の養育費と相続権、についてお答えしていきます。 離婚前の話し合い・養育費、離婚後の生活 夫が再婚したら養育費はなくなるの? 前回は、 母親であるあなたの再婚と養育費の関係 についてお伝えしました。 →「私が再婚したら、養育費はなくなるの?