無料からはじめられて、低価格で利用できるクラウド型会計ソフト freee (フリー)。中小企業の法人様向けに2種類のプランをご用意。会社規模や経理スタイルに合わせてお使いいただけます。 ライトプラン 月1,980円(年払い19,800円) 新規法人や零細企業の場合はライトプランで十分です。 プラン内容としては、個人事業主のスタンダードプランに近いです。 必要十分な機能で、私もライトプランでfreeeを使用しています。 主な機能 freeeはプロフェッショナルプラン以上で一括登録ができますが、プロフェッショナルプランは月額47,760円の大規模法人向けの特別プランです。 通常のプランでは鍵マークが付いていてこの機能を使うことはできません。 会社設立をして経理をどうしようか悩んでいる。小規模法人におすすめのクラウド会計を教えてほしい。こんな疑問に答えます。この記事を書いている僕は、合同会社を設立して運営しています。従業員はいない社長1人だけ小規模法人なので僕が経理もやっています freeeと弥生会計オンラインを比較。クラウド会計ソフトのfreeeと弥生会計オンラインを選ぶときにチェックしたい6つのポイントを紹介します。その後、両システムの特徴を機能、料金、使いやすさなどの観点で比較・検証します。 無料プラン 980円/月 全機能無制限 チャットサポート メールサポート メールお急ぎサポート 1980円/月 全機能無制限 チャットサポート メールサポート メールお急ぎサポート 個人事業主プラン 法人プラン すべての機能がついているfreee 標準プラン がおすすめ

無料プランへ登録後、試して納得してから有料プランへの切り替えができます。 小規模法人で、最低限の機能で良ければ、ミニマムプランがオススメです。 各プランによる違いは、以下のとおりです。 会計freeeの[法人]有料プランは、4つからお選びいただけます。 有料プランについて から、プラン別のサービス内容・価格をご確認ください。 ※2020年2月3日(月)より一部のプラン内容を変更しました。 >>> 無料でfreeeを試してみる. 法人プラン. 法人向けの会計ソフトfreeeの料金プランとプラン別できる事を紹介しています。また、2020年2月3日から始まったプラン改定についてもお伝えしているので、freeeをご検討の方は是非参考にして下さい。 会計ソフトfreeeの導入を考えている方は、料金とプランの違いが気になるところですね。 個人事業主向け freeeの料金体系は 月額980円から年間39,800円まで 3つのプラン があります。. この記事では実際にfreeeを使って確定申告をしている私が、個人事業主におすすめのfreeeの3つのプランを比較、解説しています。記事の中では、プラン選びに失敗するリスクなしで契約するための手順も解説。ぜひ参考にしてください。 有料プラン. ベーシックプランの年額プランは47,760 円 / 年(税抜)になり、一ヶ月あたり3,980円(税抜)の料金で利用できます。 「ベーシックプラン」は、経理業務全般を効率化し、リアルタイムでお金の流れを見える化を目指す、会計freeeのスタンダードなプランになります。