高齢犬の全身麻酔 – 犬の歯周病 – 2017.10.18. 愛犬に全身麻酔をかけるか、歯石取りなどの歯科治療だと悩んでしまいます。15歳で僧帽弁閉鎖不全症の愛犬の歯周病が悪化し、全身麻酔で処置をした際の体験を基に、麻酔のリスクや飼主がやるべき事についてご紹介します。 まとまらない文章ですが、よろしくお願いします。前のリドは、ピレニーズで足の付け根にこぶが出来ても(中身は血)11歳で元気でしたが、心配性の私のせいで病院で薬を3日間飲んだら急激に悪化して全身が内出血して死んでしまいました。そ 寒い朝がありますね。お休みの日に、少しだけ早起きして隅田川のテラスに面したお店でぼーっとパンなど食べながら、川の流れを眺めていました。 お知らせページです。都筑区の『横浜もみじ動物病院』 は、仲町台駅から徒歩5分(駐車場完備)。大通り沿いで都筑区内からのアクセス良好。土曜・日曜・祝日も診察。西洋医学(外科・内科等)、針灸・漢方といった東洋医学も対応。トリミング、薬浴、ペットホテル対応。 初めての避妊手術を目前に控えていると、どのような準備が必要なのかわからず、不安に思うことあるでしょう。準備しておいた方がよい、小さなことから大きなことまでご紹介していきましょう。手術当日はごはんと水は与えないこれは獣医師から指示が必ずあると