アクティブセルを参照するRangeオブジェクトを取得する。Applicationオブジェクトは省略可能。 通常使う場合はオブジェクトが省略されて、オブジェクトのように使われる。 例: ActiveCell.Value = "備考" アクティブのセルに「備考」と設定する。 今日の日付のセルに移動するには、毎日変化する「今日の日付」を求める関数が必要です。 その関数が today関数 です。 today関数. 日付の入力. アクティブなセルの列番号を取得するには ActiveCell を入力します。 Dim l As Long l = ActiveCell.Column Debug.Print(l) アクティブなセルとは、入力されるセルのことです。 選択セル.

例えば、セル表示を、6月5日ではなくて西暦も表示したいなど変更が可能です。 変更方法. 日付セルの種類. 日付セルの検索を行う場合、重要なのは日付がどのように入力されているか、という点です。 Excelで日付を入力する場合、そのセルの書式によって シリアル値なのか文字列なのかに大別されます 。 アクティブセル.

①セルがアクティブになっているときに、「右クリック」する。 ②「セルの書式設定」をクリックして、ダイアログボックスを表示する。 選択されているセルの列番号を取得するには Selection を入力します。 1つ目の引数はアクティブセルなのでc3の白くなっているセルです 【再質問】同じブックにある別シートのセルの値をリンク貼り付けを複数行う; 右クリックで強制終了; 同じブックにある別シートのセルの値をリンク貼り付けする; ユーザーフォーム TextBox1は日付専用です。日付でないときはMsgBoxで警告を表示しています。 Excel のセルには、静的な値または動的な値として現在の日付と時刻を挿入できます。 静的な値とは、ワークシートが再計算されたり開かれたりしたときでも変わらない値のことです。 動的な値とは、数式が再計算されるたびに更新される値のことです。 これでセルがアクティブ状態になり、以下の通り編集できるようになりました。 もちろん、マウスカーソルで「数式バー」を選択したり、対象のセルをダブルクリックしたりしても、上記と同じように、編集状態にできます。 これをキーボードだけで行うことで、作業効率が一気に上ると考えてください。 まとめ.

today関数とは、現在の日付を表すシリアル値を返す関数で、数式は; =today ( ) となります。 これで常に「今日の日付」が求められます。 今日の日付のセル位置を求める. マクロvbaで、セル、行、列を選択するときの記述について説明します。まずは、セルの選択について説明する前に、選択セルとアクティブセルについて、説明する必要があります。選択セルとアクティブセル この状態で、選択セルは、b2~c6の10個のセルです。 指定のセルをアクティブセルにしてから、そこから指定のセルアドレスまでを範囲選択するにはRangeの引数を「ActiveCell, “指定のセルアドレス”」とします. 次のサンプルマクロは、セルD6をアクティブにして画面の左上端に表示します。 Sub Sample() Range("D6").Select MsgBox "アクティブセルD6を画面左上端に表示します" With ActiveWindow .ScrollRow = ActiveCell.Row .ScrollColumn = ActiveCell.Column End With End Sub C2セルの数式をコピーし、C3セル以下にペーストします。B列の日付の値を"yyyymmdd"形式の文字列に変換した値がC列に表示されます。 補足 逆の処理である、"yyyymmdd"形式の文字列を日付形式のセルに変換する場合はこちらの記事を参照してください。 カレンダーの日付をクリックすると、アクティブセルに日付を入力することができます。 関連 Excel2010以降は、Office用アドインを追加して使用することができます。