画像の最適化は、SEOに取り組む人にとって年々重要になっています。Google は、2018年7月から、「スピードアップデート」を取り入れることを発表しています。そして、画像の最適化は、ページの読み込みスピードにも大きく関わっているため、SEOの重要な要素の一つなのです。 今回の記事では、webサイトやオウンドメディアの表示速度を高速化していく際に便利なツールや、スピードを改善する際にポイントとなる項目として、ミニファイ・画像の最適化・キャッシュの活用の3つを中心に説明していきます。webサイトの高速化を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。 画像リソースはページを表示するダウンロード容量の大半を占めます。画像を最適化することでファイルサイズの削減とパフォーマンスの改善をするためには、どのような最適化戦略を行えば良いのかを説 … 画像の最適化 画像はWebページの印象を高めるものですが、大容量の画像の使用によってWebページの表示速度は頻繁に低下します。 また、モバイル機器向けとデスクトップ向けに複数の画像を作成、管理するのも複雑な作業です。 スマホ閲覧時に画像がはみ出て表示されてしまう場合、スタイルシートのimgに「max-width:100%;」を指定することで自動で大きさを最適化することができます。合わせて「height:auto;」も設定しておきま … 今回最適化しようとした背景. 最適化後の比較 「Web用に保存」の方ファイルサイズが軽いというおかしな結果になってしまったので、今度は画像を最適化した後のファイルサイズを比較してみました。 ブログに使う画像は普段画質を30にしています。 各画像ファイルを「jpeg」、「png」、「gif」に変えることで容量が減らせます。 詳しくは当サイトで紹介しているので気になる方はこちらも合わせてご覧ください。 webページ画像サイズの最適化方法と基礎まとめ[jpeg , png , gif] 今回画像を最適化しようとした背景は、ある運用サイトの表示遅いと感じ、 ページスピードインサイトというツールで、計測したところ点数がかなり低く、その原因の多くが画像に起因するものだったからです。 画像最適化 【画像を最適化】にチェックを入れると『Shortpixel』というサービスと連携して画像を最適化してくれます。 【Lazy-load images】は画像の遅延読み込みを行うかどうか。 他のプラグインやテーマ設定で遅延読み込みを行っている場合は