ディーゼル車と聞くと、様々なイメージを持っている方がいるでしょう。トラックやバスなどの大型車を思い浮かべる方もいるでしょうし、軽油を使っていることや、エンジン構造が丈夫だという特徴が先に浮かぶ方もいるかもしれません。 とはいえ、ディーゼル車も万能ではありません。 管理人の愛車はキャラバンnv350プレミアムgxです。 3年ほど前、仕事と車中泊兼用を目的に購入しました。 この車を買ってから始めた”愛犬と車中泊”に、今ではどっぷりハマっています。 これから車中泊を・・・と考えられている方へ「これ!あったほうがいい! NV350キャラバン E26専用設計 ボルトオン! 2.5ディーゼル 主な特長 ☆燃費向上! ☆パワーアップ! ☆エンジンルーム内の見栄え抜群! ☆吸気音でアクセルレスポンスを体感! ☆純正以上の耐久性! ☆車検対応! 製品詳細 国産車 - E25ディーゼルターボ前期キャラバンです。 13年落ちです。 現在AT滑り不調、エンジンは乗せ換え済絶好調、オルタネーター、エアコン、ラジエター交換済。 無事故12万キロです。 これか 騒音 ディーゼルエンジンだと高速走行するとさぞかし、エンジン音がガラガラうるさいと思われがちですが、nv350キャラバンに至っては特に気になるほどエンジン音はうるさくないと思います。 200系ハイエースのどれだけ走ることができるのか。 ハイエースは「100万km以上」平気で走る。 結論からいうと、 ハイエースは100万km以上平気で走る車となっています。 これはハイエースの生みの親である、 トヨタ自動車の岩田氏による言葉 なので間違いありません。 今乗っているハイエースが、240000キロを超え買い換えようと思い日産に行ってきました。 試乗したのは、キャラバンdxターボディーゼルです。

読者様から質問頂いたので、お答えしていきたいと思います!Q24年10月登録のnv350ディーゼルターボ車ですが、走行時に回転が2000より上がらなくなります。その時にエンジン異常ランプが点きますが、最近では点いたままです。この異常はリコールにはなっていませんか?