正しい革靴の靴紐の結び方は簡単そうで難しく、慣れるまでに時間を要するでしょう。シングルとパラレル、イアンノットとベルルッティ結びをマスターしてしまえば革靴が傷んでしまうことも転倒のリスクも少なくなります。 革靴の紐の通し方にはいくつかの種類があります。特に意識したことがない方も多いかもしれませんが、実は紐の通し方を変えるだけで靴の印象はかなり変わります。革靴のデザインと相性が良い通し方をすれば、見た目がキマって履いたときに気分がぐっと上がるはずです! シングル: パラレル: シングル・パラレルともに、見た目の違いはほとんどありません。 スニーカー結び: 俗にいうスニーカー結びです。 これも悪くはありませんが、パラレルの方が見た目がキレイですよね? 革靴の靴紐の結び方は『シングル、パラレル、オーヴァーラップ、アンダーラップ』の4種類が存在します。それぞれに見た目、履き心地、ほどけにくさなどに違いが出てくるものなのです。 革靴の履きこなしにおいて靴紐は、「見た目」もさることながら「機能面」でも重要なファクターだ。内羽根や外羽根などの仕様やデザインの違いによって、適した靴紐の通し方も変化する。今回は動画解説を交えながら、「革靴に適した靴紐の通し方」とその通し方に合ったアイテムを紹介! 革靴の靴紐って、何となく結びがち。でも実は結び方によって印象やホールド感が変わります。シングルとパラレルという代表的な結び方2タイプを覚えて、使い分けましょう!


パラレルはこれで完成です! シングル.
シングルとは、パラレル(ストレート)と同じく水平ラインのすっきりとした見た目が特徴です。靴の表面に靴紐の厚み最も出ない通し方で、内羽根式の靴等に向いています。圧力が片方に偏るので靴紐を緩めやすく、脱ぎ履きがしやすいのも特徴です。 革靴の紐の結び方の種類を徹底解説!定番のシングルを含む4種類の結び方を動画付きで説明します。いつも靴紐がほどける方におすすめのほどけにくい結び方から、スニーカーにも応用できるスポーティーな結び方まで幅広く解説するので、ぜひ参考にしてください。

シングルはシンプルな通し方で誰でも悩まず通せます。 こちらもパラレル同様に一番手前のシューホールに紐の両端をそれぞれ通します。ここまではパラレルとシングルに違いはありません。