Lenovo ThinkPad L530: CPU: インテル Celeron プロセッサー (1.60GHz) OS: Windows 10 Home(32bit) メモリ: 2GB: HDD: 320GB: 液晶: 15.6型(1366×768ドット) 光学ドライブ: DVDスーパーマルチ: 無線LAN: 内蔵: 付属品: 本体、ACアダプター、Kingsoft Officeのシリアル番号カード: 状態: 中古品 個人的には、使い慣れた7列キーボードと、450Mbpsの無線LAN子機が魅力であるためThinkPad T520を選ぶと思います。ただ、一般の方にとってそれほど大きな機能差はないので、企業など大量に発注する場合は、少しでも安いThinkPad L520のほうが良いかもしれません。 Atheros AR5B22 WB222 デュアルバンド 2x2 802.11a/b/g/n 300Mbps + Bluetooth 4.0 無線LANカード (Intel 6235性能同等品) 1,450円(税込1,595円) インテル Intel Dual Band Wireless-AC 7260 2.4/5GHz 802.11ac 最大867Mbps + Bluetooth 4.0 無線LANカード 7260HMW 2,580円(税込2,838円) ThinkPad L530 24812MJ: 製品概要: Corei3 2370M/2.4G 2G 320G DVD±R/±RW/-RAM 無線LAN 15.6TFT WXGA Win7 Pro: 注釈: ビジネスへのインパクトはより大きく 環境へのインパクトはより小さく 基本アーキテクチャがIntel HM76 ExpressチップセットベースにアップしたL530(2481-2PJ)を手に入れた。ただし、液晶に表示不良があるらしい。まあ液晶ユニットが原因なら、他のThinkPadから移植できそうだが、はたして…。 到着したL530。電源を入れてみると、「ピ、ピ」というbeep音とともに、液晶 …