トラックに積載可能な荷物の高さは上記で話した通り、一般公道で3,8メートル、高さ指定道路で4,1メートルです。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車の最大積載量と過積載(かせきさい)のご説明。最大積載量とはトラックの荷台などに積むことができる荷物の最大重量のことです。過積載の罰金・違反点数もご説明。最大積載量をオーバーして走行すると事故の原因になります。 軽トラックは小さいながらも小回りが利くので、大変便利な車です。しかし、荷台に乗せられる最大積載量がどのくらいなのか気になる人もいるのではないでしょうか。それでは、軽トラックの最大積載量や最大積載寸法などについてご説明しましょう。 軽トラックは日本だけじゃなく世界中で人気の車両ですが、具体的にどんな荷物が積めるのかをご存知でしょうか?実は重さ、高さ、長さ、幅に制限があるのです。今回は軽トラックを使う際の積載量や荷物、そして乗員についてを規制を基にご紹介いたします。 トラックの荷台からはみ出してしまう長さのもの。 トラックの荷台に積める積載物の制限はいくつまでなのか? そういう荷台の長さを超す長いものを運ぶときはどうすればいいのでしょうか? a:制限外積載許可が必要となります。 自動車に積載するものの前後の長さ制限として、自動車の1.1倍までとありますが、いつかの改正で、前部から1.1倍までのはみ出し、後部から1.1倍までのはみ出し、つまり、合計で1.2倍までOKというのを見たことがあります。間違いでしょうか? 2.道路交通法による制限外積載許可申請 積載物の重量、大きさ、積載の方法については以下のような制限が設けられており、これを超えることとなるような積載をして車両を運転するには、出発地を管轄する警察署長の許可が必要です。 これは大型のトラックに限らず、軽トラックでも積荷がはみ出す場合には許可を取る必要があります。 道路交通法で許可が必要な積荷. トラックの積荷の高さ制限を超過する場合. トラックはこの時積載物の重量制限超過の状態で、その結果タイヤがパンクしてしまったのです。 積載物の重量制限超過ですが、実に法定の1.5倍にも達していました。 タイヤの空気圧が不足していたこともパンクの原因に寄与したといわれています。 トラックの最大積載量[計算法・車両総重量との違い] トラックに荷物を積む場合は 「どれくらいの重さまで大丈夫なの? 」 と気になることもあるのでは? トラックに積むことができる荷重は、各車両ごとに定められている車両総重量と、車両の重量によって出されます! 10tトラックの高さ制限とは? トラックの高さ制限は道路交通法で定められています。車体の大きさにより高さは変わりますが、 10tトラックの場合は高さ3.8メートル以内 が原則とされています。 しかしトンネルや車道上に構造物がある場合に限り、4.1メートルまで走行可能です。 トラックはこの時積載物の重量制限超過の状態で、その結果タイヤがパンクしてしまったのです。 積載物の重量制限超過ですが、実に法定の1.5倍にも達していました。 タイヤの空気圧が不足していたこともパンクの原因に寄与したといわれています。