IAMユーザ & IAMロールを作成. アクセスキーidが表示されているので、確認します。 シークレットアクセスキーは、[表示]をクリックすることで表示させます。 (必要であれば)[.csvのダウンロード]を押すことで、以下の内容が表示されたファイルをダウンロードできます。 iam ロールを使用すると、長期間有効なアクセスキーを共有しなくても、定義済みのアクセス許可を使用して、信頼されたエンティティにアクセスを委任することができます。 はじめに AWSでEC2インスタンスを運用する際、アクセスキーやIAM(Identity & Access Management)ロールを利用して、AWSリソースへのアクセスを制御する事があるかと思います。 以下 … このユーザ自身に与える権限は、AssumeRoleできる権限のみです。そのため、万が一このIAMユーザのアクセスキーが流出しても、流出したアクセスキーでは実質何もできません。 アカウントアクセスキーを削除する (または生成しない) 長期のアクセスキーの代わりに一時的なセキュリティ認証情報 (iam ロール) を使用する iam ユーザーのアクセスキーを適切に管理する aws アクセスキーを使用してモバイルアプリにアクセスする 詳細はこちら EC2からアクセスすると、EC2のインスタンスメタデータより、割り当てられているIAM Roleの権限に基づいて、Security Token Service(STS)が働き、一時的に利用可能なアクセスキーとシークレットアクセスキー、トークンが払い出されます。 iamユーザのシークレットアクセスキーは同時に2つ発行することができます。これを利用して、以下の流れでシークレットアクセスキーをローテートすることができます。 iamロールを利用すると、プログラムにアクセスキーを埋め込む必要がなくなるため漏洩が発生する可能性そのものも減ります。 rootアクセスキーの利用をやめたら、次はできるだけIAMロールの利用に切り替えていくことを検討していただけると幸いです! デプロイ用のIAMユーザと付与するIAMポリシーについて. iamユーザのシークレットアクセスキーのローテートの方法 概要.