高性能で初心者で扱いやすい- VideoProc. AviUtlでのカット編集の方法について分かりやすく解説しています。動画編集における基本技術「カット(トリミング)」。AviUtlでの動画カットのやり方を、画像・サンプル動画つきで詳しく解説していますので初心者の方でも大丈夫。最後にはカット編集に便利なプラグインも紹介しています。 AviUtlで動画編集する上での背景関係のTipsまとめです。最初に「背景ってどうやって作るんですか?」のような質問してくる人は、「設定ダイアログ」や「タイムライン」の仕組みを理解できていない人が大半だと思われます。なので、そのような人たち 動画の前後をトリミング. AviUtlで動画の編集中にサムネイルやBB素材用に画像を出力したい場合がある。画像の出力は標準で備わっているが他にもPNG出力フィルターやx264guiExなどのプラグインでも出力可能なので画像の出力方法をまとめて紹介。 こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 前回に引き続き、 動画編集フリーソフトの AviUtlの基本的な使い方を解説します。 今回は、動画の読み込みから 指定した部分を書き出しするところまで 解説をしていきます。

動画編集ソフトVideoProcは初心者向けの動画編集ソフトで、AviUtlの代わりに、カット、トリミング、字幕追加、ウォーターマーク追加などの編集が手軽に行える。外部コーデックのインストールが不要で、編集して終わった動画をMP4, MOV, … AviUtl拡張編集プラグインの「トリミング」関係の「エフェクト」の使い方について紹介します。クリッピングクリッピングは、オブジェクトの上下左右を任意の長さ分だけクリッピング(切り抜き)できるエフェクトです。動画の黒帯部分を消したり、画像の 動画の前後に不要な部分がある場合は、オブジェクトをトリミングしましょう。 オブジェクトの左端を「ここから必要」という位置までドラッグ; オブジェクトの右端を「ここまで必要」という位置までドラッグ; オブジェクトをドラッグして隙間を埋める; 動画の中間 まずは、AviUtlで編集した動画を、Youtubeにアップロードするための適切なファイル形式に変換させましょう。 …と言っても、特別な設定とかは必要ありません。

AviUtlで動画をトリミングする手順; Part2. 動画編集ソフトAviUtlはフリーソフトで公開されています。AviUtlで不要なシーンをカットする方法は複数あり、その中で拡張編集オブジェクトでは詳細に動画編集ができます。またプラグインにカット編集プラグインという、動画カットに特化したプラグインもあります。 AviUtlで動画をカットする手順; Part3. AviUtlを使って、動画をトリミング(クリッピング)する方法について紹介します。トリミングとは?トリミングとは、動画の一部以外を切り取ることを言います。 赤の部分以外をトリミング拡張編集でトリミングする方法拡張編集でトリミングするには、 AviUtlはその名前のとおり、AVIファイルを編集するソフトですが、別途「プラグイン」を入れれば、MP4などその他の動画形式も読み込んで編集できるようになります。 Part1. カットやトリミング、分割といった操作は動画の編集には欠かすことが出来ない操作なので、AviUtlで動画編集を行われる方は是非基本の操作としてマスターしておきましょう。

AviUtlでMP4動画を編集し、無劣化で出力しよう!! 【手順1】 まずはこのブログと同じプラグインを揃えます。 こちらの記事を参照 (x264・MP4関連のプラグインが揃ってれば大丈夫かと思います) 【手順2】 L-SMASH Works をDLする。 AviUtlで出来ることはほとんどAfterEffectsでも出来ます。 動作も安定しており、細かい環境設定を行わなくてもすぐに動画制作が出来ます。 AviUtlと同程度かそれ以上に高度な編集が可能; 無料体験版でも本番編集OK; 製品版は1か月2,480円(1か月だけの利用も可能)