表示されない "Core" パーティクルは "Core"パーティクルを継承する"Track"の位置と回転を誘導し、独特のジグザグの軌跡を表現します。 同時に、"Track"の位置を用いてジグザグの軌跡にそってパーティクルが生じるように"Particle"ノードは"Track"ノードを継承します。 【Windows10】電源オプションが正常に表示されない現象と格闘した件について 24.83 views per day 【Unity】Blenderからインポートしたモデルのマテリアル設定方式について 22.17 views per day 【Unity】レイヤー設定でオブジェクト同士の衝突判定を無くす方法 20.33 views per day

この3点が必須条件になります。 『当たり判定』では、Colliderの両方の「Is Trigger」がfalseでないといけないのに対し、 『トリガー』では、少なくとも一方の「Is Trigger」がtrueでないといけません。 『トリガー』発生時の処理. UnityでUIを作るとデフォルトのフォントがArialになっていますが、これをそのまま使ったら日本語が表示されなくなってしまったので、原因と解決方法のメモ。 環境 Unity 5.6.0f3 原因 原因としては以下の2つの要因によるようです。 Arialに日本語が含まれていない UnityのSceneビューはデフォルトだと3D表示ですが Sceneビューの上部にある「2D」を押すことで簡単に2D表示に切り替えることができます もう一度押すことで3D表示に戻ります NGUIなどでUIを作成するときによく使用しています

詳しくはこちら!(笑) Unity4.3 2D描画の上にParticleが表示されない - kamemo -Unityはじめました-結果 Unityのオブジェクトの表示・非表示の切り替え方法を解説します。 オブジェクトの表示の切り替えは、「SetActive」というメソッドを使うことで簡単に実装できます。また、少しコツがいる非表示→表示の切り替え方法も解説しています。 Screen Space – Overlay の場合はUIが必ず最前面に来るため、パーティクルを前に表示することはできません。 実用性はないのですが、レンダーテクスチャを使えば、パーティクルを前に表示できそうなので試してみました。 Unity5の教科書のP.336で、イガグリにパーティクルをアタッチすると白いパーティクルが放出されている画像(Fig.7-57)が載っています。Unity5.5.0ではParticleSystemコンポーネントをゲームオブジェクトにアタッチすると、下図のようにピンク色のパーティクルが放出されるようです。 トリガーとの接触が発生したときに何かしら実行したい場合には、 今回のような球体であれば向きによって表示が異なることはないので関係ありませんが、形が違ったりマテリアルを反映したりすると使うようになります。 Start Color. パーティクルの場合、Inspectorから指定はできないので少し手間ですが.