「十三人の刺客」は三池崇史監督の時代劇で2010年公開の映画。1963年に公開された「十三人の刺客」のリメイク版です。稲垣吾郎演じる明石藩主・松平斉韶の暴君ぶりが壮絶だという感想が話題になりました。あらすじは弘化元年(1844年)、明石藩主・松平斉韶の暴君ぶりに江戸家老が憤死。 十三人の刺客(1963)の概要:弘化元年、ある一人の武士が自決をする。そこには明石藩主松平斉韶の乱暴狼藉への訴状が残されていた。徳川将軍と血縁関係にある斉韶を暗殺するよう命を受けた十三人の刺客が、その命を賭して斉韶を討つ。 十三人の刺客(1963)。bluetom2000さんの映画レビュー(感想・評価)。評価4.0。みんなの映画を見た感想・評価を投稿 十三人の刺客 通常版 [dvd] ... 1963年に公開され、日本史上に残る名作となった池宮彰一郎脚本による映画「十三人の刺客」が、「クローズzero」の三池崇史監督×「バベル」の役所広司主演で2010


十三人の刺客 通常版 [dvd] 役所 ... 2010年日本・イギリス製作、1963年作品のリメイク、pg12指定。 「ラスト・エンペラー」のジェレミー・トーマスが製作総指揮に加わっている。 冒頭のグロテスクな … 演出. 「十三人の刺客」で、伊勢谷さんが首に刀を刺されて死んだと思っていたら最後の方で、傷らしいものもなく元気いっぱいで登場したのには驚きました。不死身の男なんですか?一緒に見ていた家族は亡霊じゃないの?っと言う始末。あれはどういうことなんでしょうか? 映画「十三人の刺客」は、役所広司主演、三池崇史監督の2010年の日本映画です。原作はアラン・グリンのベストセラー『ブレイン・ドラッグ』です。そんな、映画「十三人の刺客」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。 「十三人いる刺客さんの生存率高っ!」(爆) 池上金男(作家としては池宮彰一郎として知られる)は、作家としては不遇の顛末を 迎えましたが、脚本家としては、優れた時代劇作品を残しております。 そのうちのひとつが、この「十三人の刺客」です。
十三人の刺客(1963年)のネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - 十三人の刺客(1963年)のあらすじ1 物語の舞台は、弘化元年の江戸。老中の土井の屋敷の前で明石藩江戸家老の間宮図書が自決することから、物語は始まります。 映像. 十三人の刺客(2010年9月25日公開)の映画情報、予告編を紹介。63年の傑作時代劇を鬼才・三池崇史監督が、役所広司、山田孝之ら豪華キャストとともに再映画化。300人… 物語. 集団抗争時代劇は1963年7月に封切られた『十七人の忍者』(長谷川安人監督)によって生まれ、その年の暮れに公開されたこの『十三人の刺客』によってジャンルとして確立されたといわれている。この両作品とも、天尾完次の企画によるものである。 十三人の刺客 (1963) ... ここまで巻き添えにしなければならないものか。小林正樹の「切腹」のラストもそうなのだが、武士とは言え、恐らくは真面目な勤め人であろう人たちが、主人公側の大義のために切り捨てられていくのは、見るに忍びない。 詳細評価. 配役. 十三人の刺客(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 ... ラストは、任務を無事全うしてめでたしめでたしになるのかと思いきや、突然荒涼感と不条理感が吹き荒れる締め方なのですが、これも不思議な余韻を残していますね。