NETLOGON イベントログ 一覧. イベントIDの基本コードを,1〜8桁の16進数で指定します。拡張コードには,0が仮定されます。 基本コード:拡張コード. Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(8):GASで棒、円、折れ線など各種グラフを作成、変更、削除するための基本 (1/2)
GASでは全てのファイルにIDが付与されていますので、IDでの取り扱いが便利ですよ。 tonari-it.com.

GASの基本的な使い方はいろんな記事がググれば出てくるのでそちらを参考にしていただくとして。 今回作ったbotで重要なのはGoogle Calendarの削除イベントを検知するという機能です。 GASにGoogleカレンダーのイベント変更検知機能が実装されたので試してみた
GoogleAppsScript(GAS)は、Googleが提供するサービス全般で利用できるスクリプトですと説明しました、では、そのスクリプトは、どこに・どのように書くのでしょうか。本シリーズでは、Googleスプレッドシートで、GoogleAppsScriptを使って行きますので、何はともあれ、スプレッドシートを用意しま … 2017.04.10. イベントIDの基本コードと拡張コードを,それぞれ1〜8桁の16進数で,コロンで区切って指定します。 alt-userid 代用ユーザーID 代用グループID Google Apps Scriptのトリガー設定は毎日実行する場合は、午前8時~9時のように1時間の幅があります。また、時間を細かく指定するには、2018年2月16日08:30のように日にちも設定する必要があります。 この二つを使用して、毎日指定した時間にスクリプトを実行させるトリガーを設定します。 "4663(削除)" を使用してオブジェクトの削除を追跡することをお勧めします。 NETLOGON 種類:System Level:エラー イベントID:3095; このコンピューターはワークグループのメンバーとして構成されており、 ドメインのメンバーとしては構成されて … このイベントには、削除されたオブジェクトの名前 (ハンドル IDのみ) が含まれていません。 This event doesn’t contain the name of the deleted object (only the Handle ID). イベントログの削除 PS C:\work> Get-EventLog -LogName "TestLog" この例では、「TestLog」という名前のログを削除しています。 イベントソースの登録の解除 PS C:\work> Remove-EventLog -Source "TestApp" この例では、「TestApp」という名前のイベントソースの登録を解除しています。 GoogleAppsScriptで、フォルダ内のファイル一覧を取得したり、フォルダ内にファイルを作ったり削除したりするスクリプトの書き方を解説します。使用するクラスは、DriveApp Folder File FolderIterator FileIterator これらのメソッドを使います。 Google Apps Scriptで新規スプレッドシートを作成する方法、またそのIDを取得する方法をお伝えします。GASでは全てのファイルにIDが付与されていますので、IDでの取り扱いが便利ですよ。

[gas][カレンダー]idからカレンダーオブジェクトを取得するには このページに不足している情報、ご質問などは コメント欄 からお願いします。 前の記事: 504 Gateway timeout id = デフォルトカレンダーIDを取得して代入 スクリプトができたら ボタンでプログラムを実行してみましょう。 実行が終了してからログを確認するとデフォルト設定されているカレンダーID(デフォルトカレンダーの場合はメールアドレス)が出力されていると思います。 Google Apps Scriptではスプレッドシートの操作の自動化だけでなく、Googleドライブ上のフォルダ操作を自動化する事も可能です。 今回はGoogle Apps Scriptを使ってGoogleドライブ上にフォルダを作成・削除する基本的な方法についてご紹介します。