お通夜、告別式ともに行けない場合。(2010年07月13日 11時08分 りえさんの投稿)の質問と回答をご覧いただけます。葬式・葬儀・家族葬・葬儀社に関するお役立ちの知識や挨拶文例・用語集など情報満載!葬式・法要のQA・悩みに専門 人の死は突然、訪れます。 そのため生前ものすごくお世話になった方であっても、いろいろな事情でどうしても都合がつかず、お通夜にも、お葬式にも、参列できないこともあります。 こんな時、どうしたらよいのでしょうか? お葬式に行けない時はそれぞれの事情により、対応の仕方は異なります。一番大切なのは遺族に失礼にならないように、正しいマナーで弔意を示すこと。葬儀は頻繁にあるものではありませんので、突然の場面でどうすればよいか迷ってしまう場合が多い …

告別式の前日に行われる通夜。最近は通夜を行わない1日葬も増えていますが、そもそも通夜とは何なのだろうか?一般的な概念は半分当たりで、半分外れといったところだ。つまり通夜とは、以下の様なことだろう。 お通夜が執り行われるお葬式の前日に 新入社員の歓迎会や合コンなどの 予定が入っていたら、お通夜を 優先させるべきか、それとも葬儀には参列するのだから、前々から 出席することが決まっていた飲み会に 出席するべきなのかかなり迷うところ で … 訃報の知らせは突然ですので、どうしても都合がつかず葬儀に参列できないことがあります。そんな時遺族に失礼にあたらないよう欠席を伝えるにはどうすれば良いのでしょうか?今回は葬儀に参列できない時の対応と、葬儀の当日・後日にできる弔意の表し方を解説します。
また近しい間柄でなくても、通夜や葬儀へどうしても行けないのであれば、その理由を話し、喪主がOKしたら通夜前であっても弔問可能でしょう。 通夜や葬儀を手伝う人は、確認や準備もあって早めに来ると思いますが、あくまでも「弔問に伺う場合」 …