wordVBAで空白と改行、タブをすべて削除するマクロwordで空白と改行、タブをすべて削除するマクロはどのようなコードになりますか?excelVBAは多少わかるのですがwordVBAはまったくわかないのでこまってますできたらコードの記述と解説をしてくださるとなによりです

ExcelVBA(マクロ)で改行コードを削除. セル内の改行は vblfを使用すれば削除できます♪改行を削除したいセルに対してReplace関数とvblfを組み合わせればきれいさっぱり改行がなくなります! こんな感じの改行を下記のようにします! 改行コードは vbcrlf とか vbne セル内の改行は vblfを使用すれば削除できます♪改行を削除したいセルに対してReplace関数とvblfを組み合わせればきれいさっぱり改行がなくなります! こんな感じの改行を下記のようにします! 改行コードは vbcrlf とか vbne OS9時代の旧MacはCRが改行コードだったためその名残でしょうけど中途半端な気がしますね。そのため個人的にはv bNewLineは信用ならないため利用しない ようにしています。 改行文字の変換のコードは単純で、以下のような感じになります。 [ALT]-[ENTER]を使い、セル内を改行した文章があります。その文章の末尾にある改行のみ削除したいのですがReplaceやRtrimを使うと、末尾以外の改行も削除されたりして、思うような結果が得られません。イメージとしては以下のようにした エクセルvbaでよく使うコードの備忘録。指定したセルに含まれる改行文字を削除して、一括で改行を削除するコード。改行コードについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

そのため VBA からコードでセルに改行した文字列を入力するには vbLf を使います。 Dim s As String s = "一行目" & vbLf & "二行目" Range("A1").Value = s vbCrLf で改行されたテキストファイルの文字列などをコピーしてセルに貼り付けると、自動で vbCrLf が vbLf になります。 Excelで改行を含む文字列を一括で処理する方法を紹介しています。改行コードはCtrl+Jで入力が可能・置換ダイアログで一括置換・削除・追加できます。 ワークシートのセル内にある改行を消したいって思ったことありませんか?データを別のアプリケーションに取り込んだり、データベースに登録したりするときに改行が邪魔になることがあります。そんな時に改行を一括で削除できるツールがあったら便利ですよね。 [Alt]+[Enter]キーでセル内改行を行うと、改行コードvbLf(ラインフィールド:Chr(10))が入力されます。 セル内改行を一括して削除するには、RangeオブジェクトのReplaceメソッドを利用します。 [ALT]-[ENTER]を使い、セル内を改行した文章があります。その文章の末尾にある改行のみ削除したいのですがReplaceやRtrimを使うと、末尾以外の改行も削除されたりして、思うような結果が得られません。イメージとしては以下のようにした プログラミング 2015/01/12 22:08 0 0 VBAでCSV. Windowsで一般的に使われる改行コードは、16進の「0D 0A」という2文字です。VBAでは、この改行コードにvbCrLfという定数を割り当てています。ただし、Excelのセル内でAlt+Enterキーを押したとき挿入される改行コードは、「0D 0A」ではなく「0A」という1文字です。 コード内容 指定した範囲のセル内容の先頭と末尾に改行コードがあった場合にそれを削除(置換)するマクロです。 基本的にエクセル内の改行コードはvbLfですが、一応他からデータを持ってきたりしてvbLfとvbCrLfが混ざっている場合も想定して、どう混ざっていても対応できるように作りました。 サンプルコードで確認しましょう Sub macro1() Dim str As String str = " Hello VBA! " 改行を一括で削除したり、文字列に置換したい場合、検索対象にどのように改行を指定すればいいのか迷うも多いと思います。実は改行コードを指定することで簡単に置換することができます。改行コードを入力できるショートカットキーをご紹介します。 サンプルコードで確認しましょう Sub macro1() Dim str As String str = " Hello VBA! "